マンション経営.東京のお役立ちニュース|年金債務最大91兆円【有価証券報告書をもとに3,642社を調査】

お問合せ・運営会社

「マンション経営」ニュース(3)

マンション経営に関するニュース

年金債務最大91兆円
【有価証券報告書をもとに3,642社を調査】


年金債務年金債務最大91兆円【有価証券報告書をもとに3,642社を調査】
上場企業の年金債務が2015年度末で91兆円と過去最高に。年金債務は企業が年金・退職金を支払うために、現時点でどれだけ蓄えておくべきかを示す数字で、日銀がマイナス金利の影響で金利水準が全般的に下がって運用状況が悪化し、年金債務を厳しく見積もる必要性が高まっています。 この結果、企業年金の未積立額は26兆円に拡大し、業績の重荷になるのが避けられない状況になっている。
企業の積立金が不足することで、将来の保障が不確定になる恐れもあります。企業の運用のプロが、金融情勢の変化で運用に四苦八苦している状況。 これは個人における資産運用にも同じ状況が当てはまり、預貯金や有価証券等の自分がコントロールできない運用環境下では資産が目減りすることが、大いに考えられます。
マンション経営のメリットは、市場の運用環境に左右されず、計画的な運用が可能だということ。資産運用のやり方を個人ベースでも見直す時期がきたといえるでしょう。(7/26更新)
マンション経営に関するニュース

家事代行特区始動へ


家事代行政府が国家戦略特区で外国人を使った家事代行を解禁したことを受け、一般企業が家事代行サービスを始めるというニュースが発表されました。フィリピンから数十人を受け入れる予定で、女性の社会進出で家事代行市場の拡大が見込まれている。特区で認める外国人の家事代行サービスは、炊事、洗濯、掃除、買い物など。特区制度では1年以上の家事支援の経験などを条件に出入国管理法の特例として受け入れを認めている。基本的な日本語能力も求めているが、日本で暮らす外国人世帯を対象にする場合には外国語のみでもサービスを提供できる。
これによって、日本で生活する外国人も増えることが予想されます。もちろん、家事サービスを利用する外国人は、所得水準の高い外国人。こういったサービスが、当たり前になることで、外資系企業の更なる日本進出も加速されるでしょう。
人口減少が叫ばれている今、日本で働く外国人が増えることで経済も発展し、特区内での賃貸ニーズも増えることになるでしょう。マンション経営のオーナーとして、どのエリアが特区であるかを理解することは、物件選びに非常に役立ちますので、しっかり確認しておく必要があります。(7/26更新)
マンション経営に関するニュース

コラム「天引き貯蓄の勧め」


年収相当額新入社員が社会で、4ヶ月。社会人として、お金のこともしっかりしなければと考えている人も多いと思います。国税庁の民間給与実態統計調査(2014年分)によりますと、20~24歳の平均年収は248万円。30~34歳は392万円という結果が出ています。
これからのことも考えて、自分の年収相当額の貯蓄があれば生活に困ることもないと言えます。方法としては、先取り貯蓄が王道。先取り貯蓄とは、給与が出たら使う前に一定額を貯金に回すこと。企業で言うところの財形制度や社内預金などをイメージすればわかりやすいでしょう。財形制度は、貯蓄目的に応じて一般財形、住宅財形、年金財形の3つがあります。
天引き貯蓄勤め先に財形制度が無い人や会社と関係のないところで実施したい人は、自分で銀行の自動積立貯金サービスを利用するのが選択肢としてあります。給料振り込み用の口座がある銀行で、別に貯蓄目的の口座を作って手続きをしておけば、給料が振り込まれた翌日などに銀行が自動的に貯蓄用口座に一定額を映してくれるサービスが受けられます。
財形や銀行の自動積立預金サービスを利用している人は、利用してない人に比べ貯蓄が多い傾向にあるのも特徴。資産運用において貯金ができるという能力は、重要な力です。マンション経営をしているオーナー様は、次の物件購入時の頭金や繰上返済の資金等計画的に貯金ができる人は結果を出している人が多いのも見逃せません。
すべての基本は、貯金ができるかできないか。まずは、貯金ができる人に体質改善することがお金持ちへの一歩といえるでしょう。(7/26更新)

過去にお伝えした「マンション経営」に関するニュース

↑ PAGE TOP

上に戻る