マンション経営.東京のお役立ちニュース|長い老後への備え不十分【金融広報中央委員会】

お問合せ・運営会社

「マンション経営」ニュース(4)

マンション経営に関するニュース

長い老後への備え不十分【金融広報中央委員会】


老後への備えこれから定年を迎える中高年層は老後への備えが不十分。こんな結果が金融広報中央委員会の「金融リテラシー調査」でわかりました。50代の男女で老後の資金計画を立てている人は38%。老後の必要生活費を認識していると答えた人の割合は54.4%。将来年金として受け取る金額を理解している人も40.3%と半数を下回る結果が出ました。この調査は、2016年2月~3月位かけて全国の25,000人を対象に調べた結果。
2015年の日本人の平均寿命は、女性87.05歳、男性80.79歳と過去最高を更新。
これは、日本人の金融リテラシーの乏しさによるもので、老後対策を真剣に考えなければいけないという認識がなされていないこと。特に自分で思ったよりも長生きして老後の資金が足りなくなる「長生きのリスク」に対しての準備がなされていないのも特徴です。
この準備不足が老後破産に繋がると言っても過言ではないでしょう。若年層でも老後の準備をしている人もいれば、今に余裕が無いからという理由で老後の準備をしていない50代の方もいます。しかしながら、お金のことを真剣に考えられるのも現役サラリーマンである今しかありません。晩年の80代に資金が枯渇しないように、毎月入ってくる収入を確保することは非常に重要なことであるといえます。やり方がよくわからないという方は、家賃収入を得る方法を理解できるセミナーに参加してみてはいかがでしょうか。(7/31更新)
マンション経営に関するニュース

コラム「マイナス金利の恩恵」


天引き貯蓄最近、日銀がマイナス金利を導入したと話題になっています。これを受けてマンション経営に対する融資の金利も低下傾向。マンション経営を始めるにあたり、ローンを利用する方がほとんど。ローンは返済期間が長くなることが多いだけに、金利水準は返済額への影響が大きいといえます。
例えば、3,000万円を返済期間35年で借りた場合、金利が2%であれば毎月の返済額(ボーナス返済なし)は、約99,400円となる。これが金利3%で借りた場合では、約115,500円と毎月16,000円程度の差が出る計算になります。これを35年間の返済期間で見ると、約670万円以上の差。資産運用としてマンション経営を実施した場合、同じ金額の物件を購入しても、返済額にこれだけの差が出れば、運用成績に大きな差が出るのは当然でしょう。
マイナス金利は、しばらく続きそうな勢い。日銀は物価上昇率2%を目標に掲げているが、達成には時間がかかる見込みで、それまでは金融緩和を続けざるを得ないという状況です。今のマイナス金利を味方につけて、借入額を増やしていく、そんなやり方がマンション経営の運用成績向上の手助けをしてくれるはずです。
物件価格の上昇よりも低い金利で融資を受けた方が、マンション経営において明らかなメリットがあります。
やろうかやるまいか迷っている人は、この低金利時代に真剣に検討してみてはいかがでしょうか。(7/31更新)

過去にお伝えした「マンション経営」に関するニュース

↑ PAGE TOP

上に戻る