マンション経営.東京のお役立ちニュース|東京オリンピック開催時、東京の人口やマンション経営はどうなる?

お問合せ・運営会社

「マンション経営」ニュース(14)

マンション経営に関するニュース

東京オリンピック開催時、東京の人口やマンション経営はどうなる?【平成22年国勢調査結果を元に東京都が予測】


東京都の人口はオリンピック開催の年にピークを迎える。
東京都の人口は推計で13,622,267人である。
東京オリンピック開催の年にピークを迎えるというのは、平成26年に発表された東京都の将来予測から抽出したものだ。
東京都の人口将来予想東京都の一般世帯数は、平成32年に総人口が1,388万人となりピークを迎える。
平成26年と28年の段階で、すでに乖離があるが、人口のピークを迎えた後も単独世帯数や夫婦のみの世帯数増加により、平成42年の685.6万世帯まで増加を続けると予測されている。
その後は少し減少し、グラフでもわかる通り47年には682.0世帯となる。平成47年の世帯数は、平成22年と比べると6.9%の増加となる。
これらから推測できるように、都内に人口が集まっている。
人口が集まる為、単身者用マンションが不足してくるのが今後予測される。
その理由は平成8年に設立されたワンルームマンション規制だ。
現在都内23区全域が対象となっているこの法律の為に、ワンルームマンションを建てる場合はファミリータイプも建てなさいというこの法律。具体的には15戸以上のマンションを建設する場合は、必ず3分の1、あるいは2分の1はファミリー層向けにすることという規制が作られてしまった。
そのため、都心でワンルームマンションの需要が高まるが供給数が不足するということが起こりうると予測される。
この機会にマンション経営に乗り出す投資家も多くみられるのは、マイナス金利や相続税対策もあるが、希少価値が高まるという事も一理あるのかもしれない。
投資をするならばそのような背景も視野に入れておかなくてはならない。
マンション経営に関するニュース

バブルの懸念拭えぬ賃貸住宅の増加とサブリースの危険性


現在、住宅の需要・供給が非常に高まっている。
理由としては、相続・節税対策、マイナス金利による融資増大などがあるが、その中にはサブリース方式によるアパート建設もあるようだ。
だが、このサブリース方式による新築購入は注意が必要になる。
なぜならば、新築時は入居者を確保できたとしても、時間と共に空室は増える傾向があるからだ。
また、業者側が「一定期間家賃を保証する」として契約後、空室が増加した場合や築年月が経過した際は家賃を大幅に減額され、トラブルになるケースが目立っている。
現在、全国には820万戸の空室があるが、半分強は賃貸用の住宅である。
そのような中で、「私の場合は大丈夫だろう」と安易な判断で購入を決めるのは非常に危険である。
空室が目立つ中でも、決まる物件は決まる
良い立地、望まれる設備とはいったいどんなものなのか?
新築と中古はどちらを買ったほうがよいのか?
知識と経験を積んだ上でか、信頼できるパートナーに相談しつつマンション経営を始めるのが得策だといえる。
(10/11更新)

過去にお伝えした「マンション経営」に関するニュース

↑ PAGE TOP

上に戻る