マンション経営.東京のお役立ちニュース|公示地価発表!商業地の上昇が加速、訪日客で銀座最高値

お問合せ・運営会社

「マンション経営」ニュース(18)

マンション経営に関するニュース

公示地価発表!商業地の上昇が加速、訪日客で銀座最高値


国土交通省が3月21日に発表した2017年1月1日時点の公示地価によると、「東京」「大阪」「名古屋」の三大都市圏は、商業地が前年比3.3%の上昇(2016年は2.9%上昇)、住宅地は前年比0.5%の上昇(2016年は0.5%上昇)となった。
三大都市圏の商業地、住宅地の価格は4年連続で上昇しており、中でも商業地は年々上昇のスピードが上がっている。
東京都全域で見ると、前年と比較できる2500地点のうち、87%にあたる2179地点で価格が上がった。区部では1525地点中、99%にあたる1517地点で上昇しており、「都心」という土地の価値を表していると言えるだろう。
その背景には、低金利に加え、訪日外国人客の増加や東京オリンピックを控えた「再開発ブーム」がある。
銀座日本政府観光局によると、2016年の訪日外国人数は約2400万人で、統計を開始した1964年以来最多となっている。都内では大型商業施設やホテルなどの開発計画が相次いでおり、銀座の地価は1990年代のバブル期を超え、かつてない水準に達した。地価最高額の銀座4丁目・山野楽器銀座本店は、前年比で26%も上昇となる1平方メートル当たり5050万円で過去最高を更新。特に、中央区銀座は商業施設の開業が相次いでおり、価格の高さで上位4地点を独占する結果となった。
また、都内では大型再開発事業が相次いでいる。
訪日観光客の増加を背景に、松坂屋銀座店の跡地を中心とする大規模商業施設「GINZA SIX」が4月にオープン予定のほか、今後10年をめどに東京駅前に地上390m、日本一の高さとなる超高層ビルも建設される予定だ。
銀座で創業100年以上の不動産会社のデータでは、人通りが多い銀座4丁目交差点付近の、2016年推定取引価格は坪当たり1億8000万円で、安倍政権が実働開始した2013年から5割上昇した。訪日観光客らによる爆買いは失速しているものの、「訪日客数自体は増加しており、ホテルは採算が取れる状況だ」として、開発計画が多い。
今後も都心の需要はますます上がっていくと考えられる。マンション経営を行う上でも、そういった需要がある立地を把握し、しっかりと選択する必要があるだろう。皆さまにも、厳選された立地で空室を生まずに安定した家賃収入を手に入れられる「失敗しないマンション経営」を目指してほしい。
マンション経営に関するニュース

貯蓄格差は30・40代で広がる


とある消費者金融が発表した「30代・40代の金銭感覚についての意識調査2017」によると、4人に1人が貯蓄0という状況の一方、貯蓄額が300万円を超えている人は5人に1人となる20.4%に及んでいる。「貯蓄格差」は30~40代で広がっているようだ。 貯蓄格差を生む要因として、若いうちから貯蓄を着実にする習慣があるかどうかが鍵となる。 この格差社会を生き抜くためには、どうしたら良いのだろうか。
貯金30~40代の1000人が回答した本調査によると、貯蓄出来ている金額の調整平均値は132万円であった。
貯蓄額別に見ると「貯蓄出来ていない人」が25.4%、ということは、4人に1人が貯蓄0であることを表している。「1万円~50万円以下」は28.3%となっており、半数以上が貯蓄額50万以下という結果になった。体感的にこのデータは低いと感じる人が多いのではないだろうか。
投資に興味のある方は、ファイナンシャルリテラシーが高いので、平均より貯蓄額が高めだと推測される。貯蓄を増やすには、まずお金に対して関心を持つことが大切なのだ。
貯蓄が低い人が半分いる一方、「301万円~400万円以下」は1.8%、「401万円~500万円以下」は5.4%、「501万円~1000万円以下」は6.6%、「1000万円超」は6.6%となっている。
貯蓄額が300万円を超えている人は5人に1人にあたる20.4%で、大きな「貯蓄格差」が生じているようだ。では、この格差はどのようにして生じたのか。
貯蓄額の平均を年齢別で比較すると、20~24歳・28万円、25~29歳・72万円、30~34歳・95万円、35~39歳・154万円と順調に伸びているのだが、40~44歳は147万円、45~49歳は154万円と、ほぼ横ばいになっている。
結婚や出産、住宅購入、子供に必要な費用など、さまざまなライフイベントによって支出が増える30代以降は、貯蓄のペースを落とさざるを得ない状況なのだ。
よって、ライフイベントが少ない「貯め時」である20~30代にかけて貯蓄がしっかり出来ているかどうかが「貯蓄格差」を生む要因となる。
20~30代といえば、自分で稼いだお金をすべて自分のために使い、給料日前には金欠という人が多いかもしれないが、30~40代を過ぎると自分のために貯蓄するのは難しくなるから、20代から貯蓄していたかどうかがこの差を生んでいるのだろう。
では、どうしたら「貯蓄格差」を打破出来るのだろうか。
その答えとして、定期的に安定収入が入るマンション経営をおすすめしたい。定年後の老後生活を考えると、貯蓄は切り崩されていく一方である。しかし、毎月安定した家賃収入が入ってくれば、貯蓄が減っていく不安から解放されるだろう。
ライフイベントを計画的に考え、早いうちから安定収入を手に入れられる「仕組み」を作ることが得策と言えるのではないだろうか。
(3/24更新)

過去にお伝えした「マンション経営」に関するニュース

↑ PAGE TOP

上に戻る