マンション経営.東京で効果的に生命保険の見直しを

お問合せ・運営会社

マンション経営.東京トップページ > マンション経営とは? > マンション経営で生命保険の見直しを 

生命保険対策として

人生で一番高い買い物は住宅、二番目に高い買い物は生命保険と言われています。
つまり、住宅と生命保険と上手くつき合うことでお金の使い方も大きく変わってくるということです。マンション経営は、生命保険の代わりになる一面もありますのでご紹介させて頂きたいと思います。

生命保険の種類は主に4種類。死亡・年金・医療・介護という分類に分けられます。
日本は高齢化社会を迎えておりますので、人生のリスクにおいて重要なのはセカンドライフつまり60歳以降の生活にかかるリスクが非常に多いということになります。
生命保険の種類のうち、セカンドライフ以降に活躍するのは年金・医療・介護の部分だと思われます。
資産運用も定年退職後のセカンドライフに向けて行うものです。
そういった理由から60歳前の死亡保障は、なるべく適正なものに抑えてセカンドライフの保障を厚くする事が非常に大切になってきます。そんなときに役に立つのがマンション経営です。マンション経営は、ローンを組んだ時に団体信用生命保険という保険に入ります。
もし万が一が起こった場合には、ローンがなくなり家賃収入が遺族に残ることになります。

収入をもらいながら生命保険に加入できます
(図はクリックで拡大します)

そのように家族に安心できるような仕組みがマンション経営にはあります。
更に、良いところとしましては、中古ワンルームマンション経営の場合、頭金が少額でも毎月安定した家賃収入が確保できるところです。
マンション経営を行っている賢いオーナー様は、団体信用生命保険で得た保障を効果的に使い、生命保険の見直しなどを実施し、毎月家計から出る支払いを減らすことに成功しております。
その浮いたお金を資産運用やマンション経営に回すことで効果的に老後の準備を行っております。

↑ PAGE TOP

上に戻る