セカンドライフ・年金対策として|マンション経営.東京

お問合せ・運営会社

マンション経営.東京トップページ > マンション経営とは? > マンション経営を年金対策にご活用ください

セカンドライフ・年金対策として

マンション経営を行う理由として一番多いのがセカンドライフに備えた年金対策です。
大学卒業後から60歳の定年まで38年間サラリーマンとして働くことが一般的ですが、日本人の平均寿命考えると60歳から85歳まで生きると定年後のセカンドライフは、25年間もの長期間になります。
最近のニュースを見ると、高齢者の生活が社会保障だけでは賄えない現状が見て取れます。
これが更に10年後20年後になった時には社会保障が現状より良くなっているイメージがわかないのも当たり前かもしれません。
それでは、現在の社会保障で一般の家庭がもらえる年金の金額はいくらなのでしょうか?

一般的な年金受取額はいくらでしょうか…?
(クリックで図が拡大します)

一般的なサラリーマンがもらえる年金額は21万円という統計が出ております。
つまり、もらえる年金というのは大学生の初任給と同じぐらいということです。
普通に考えたときに大学生の初任給で夫婦2人で暮らすことは難しいことだと考えられます。
また、旦那さんが亡くなった後の遺族年金は、月約13万円更に受給額が減ることになります。一般的に女性の方が長生きする事が多いので、旦那さんが亡くなった後の奥様の生活費も視野に入れて準備をする必要があります。

公的年金で老後の生活費は大部分まかなえる?
(クリックで図が拡大します)

この現状を受けて公的年金で生活がまかなえるかのアンケートでは、8割以上の方がまかなえないという答えを出しております。その中で将来の年金対策のために考えられている資産運用の手段の一つとしてマンション経営が注目を浴びております。

1億円が必要

金融広報中央委員会の家計の金融資産に関する世論調査によると、定年退職後にゆとりのある生活を送るには約1億円が必要という結果が発表されました。

ゆとりある老後を送るのにどのぐらい生活費が必要かご存知ですか?
(クリックで図が拡大します)

ゆとりある老後の生活に必要な金額から一般的な年金受取額を引いた時の貯金残高は?

また、折角貯めた1億円も貯金を切り崩していく生活には不安を覚える方も多いと思います。

毎月もらえる収入が必要

定年退職後のセカンドライフになることによってサラリーマン時代は毎月もらえた給料がなくなります。その代わり年金がいただけるのですが、その年金では足りないので貯金を切り崩す生活に突入していきます。 それでは不安が解消されることはないのでしょうか? マンション経営を行っているオーナー様は貯金を切りくずす生活ではなく、サラリーマン時代のように毎月もらえる収入が生活の安定をもたらすと考えています。 年金+αの部分で家賃収入が入ることこそが生活を安定させるシステムそのものになります。マンション経営で利益を得ることはとても大切なことですが、サラリーマン時代と変わらない生活スタイルを手に入れることも欠かせないことではないでしょうか? マンション経営は、定年後のセカンドライフに安定をもたらす大きな仕組みであるといえます。

ワンルームマンション3戸で安定生活

ワンルームマンション3戸で安定生活
年金だけで暮らすのが不安な方には是非マンション経営をお勧め致します。
ワンルームマンションを3戸購入して定年退職までにローンを完済する事で毎月20万円~30万円の家賃収入を得ることができます。
これに年金を足すと毎月40万~50万円の生活費が確保できます。これぐらいの金額があればサラリーマン時代と変わらない安定した生活が送れることと思います。ワンルームマンションを3戸完済するよりも1億円を貯める方がはるかに大変なことだと思います。もし仮に1億円貯めたとしてもワンルームマンションを3戸購入してマンション経営をした方が生活ははるかに安定する事でしょう。
年金対策には毎月安定して入ってくる収入を作ることが非常に大切なことです。
そのための手段としてマンション経営は非常に最適な手段となります。

↑ PAGE TOP

上に戻る