マンション経営.東京で相続税対策を

お問合せ・運営会社

マンション経営.東京トップページ > マンション経営とは? > マンション経営.東京で相続税対策を

相続税対策として

相続

平成27年の1月1日より相続税の増税が始まりました。これによって、マンション経営を相続税対策で実施する方が非常に増えております。まず、相続税の増税がどのようになっているのか?下記の図をご覧になっていただければと思います。

相続税の増税

今まで一般的な夫婦と子供2人のケースであれば基礎控除は8,000万まで認められていましたが、平成27年1月1日より基礎控除は4800万までということになりました。

この相続税の改正で東京都内に在住の方であれば、約5割の方が、相続税対策をしなければならない状況になりました。相続税対策のポイントは①財産評価を下げる②生前贈与③納税資金の確保という3点が挙げられます。

それをまとめて行う方法としてマンション経営が脚光を浴びております。
中古ワンルームマンションの場合、評価額を時価の1/3に圧縮する事ができ、生前贈与するにも現金で行うより有利になります。

また、生前贈与された方が、家賃収入を得続けることで、いざという時の納税資金を確保できることもポイントです。
相続税対策にとってマンション経営は、かなり効果がありますので、実施される方が、今後も増えることは容易に予測できます。

相続税の節税ポイント

ローンを使うことで運用利回りをあげるレバレッジ効果

また、マンション経営は、ローンを利用する事で運用利回りを高めることが可能になります。それをレバレッジ効果と呼びます。レバレッジ効果については、下記の図をご覧になっていただければと思います。

レバレッジとは?レバレッジ効果とは?

ここでいう他人資本とは、マンション経営を始めるときに利用するローンのことです。
ローンを効果的に使うことで、そのマンションが持つ利回り以上の収益を確保する事ができます。マンション経営を行っている賢いオーナー様は、ローンの組み方をしっかり勉強してより効率の良い資産運用を行っております。

↑ PAGE TOP

上に戻る