マンション経営の目的について(4)|マンション経営.東京のQ&Aで疑問を解決

お問合せ・運営会社

なぜ、私的年金になるのですか? (マンション経営の目的について)

ローンを完済した後は、月々の家賃収入が年金と同様の安定収入になります。今後の公的年金制度は非常に不安定で、制度が維持されたとしても公的年金だけでは、もはや、ゆとりある退職後の生活は望めません。そのため、マンション経営を年金対策として始める方が現在非常に増えているのです。

給付と負担

年金代わりとしてのマンション経営

年金不足と言われる昨今、将来受給できる公的年金に期待はできません。
国の見通しでもおよそ20年後には、支給額が約4割減と大幅な減額が予想されてます。
従来、老後の生活設計はそれまで貯めた現金と退職金、それを預けた預金金利、
そして公的年金で成り得たのですが、現在は年金の支給額も減り、支給年齢も先送りになり、
そして会社の終身雇用制度もなくなりつつあります。
今後、国や会社に頼り老後の生活設計を立てることは非常に困難な状況です。
自己防衛が求められている現代、お勤めのうちからある程度の資産形成をされる方は
増えていますが、個人年金や企業年金も現在の低金利で運用益が下がり、
保険料の上昇や予定利率の引き下げはまぬがれない状況です。
老後の資金不足を解消でき長期的・安定的にゆとりを持った生活を送る為にも、マンション経営の家賃収入は魅力的ではないでしょうか。

年金額は20年間目減り 年金実質納付49% 空洞化拍車

社会保険庁は2006年の国民年金保険料の質年齢層別の実質納付率を明らかにした。
20歳~24歳が26.9%と最低だった。25歳~29歳の40.4%が二番目に低く、全年齢層平均の納付率は49%で若くなるほど未納が深刻になっている。年金制度の空洞化に拍車がかかっている。
給付と負担

負担上昇
『国の借金』最悪に 『借金』は今後も増加  
財務省は『国の借金』が2014年末時点で約1038兆円だったと発表した。 『景気回復が続き、税収は増えたが、今後も借金は増え続けるだろう』と言われるように、国の借金に社会保障費が重荷になっていることも日本財政の悪循環になっている。

年金連合会『不動産に投資』賃料収入で年金資産を増やす  
国内最大の民間年金基金の企業年金連合会は、2008年度から不動産の開発事業への投資を始める。最大で運用資産13兆円の5% にあたる6500億円程度を投資に充てる方針。年金マネーの不動産市場 流入が本格化する。企業年金の上部組織である連合会が不動産投資 に乗り出す事で、今後は傘下の厚生年金基金など企業年金は追随する 可能性もある。連合に加盟している1400の企業年金の資産合計は 50兆円、不動産資産が広がれば市場にも大きな影響を及ぼしそうだ。

マンション経営の目的について よくあるご質問

↑ PAGE TOP

上に戻る