中古ワンルームマンションとローンについて(1)|マンション経営.東京のQ&Aで疑問を解決

お問合せ・運営会社

マンション経営にはお金がかかるのではないですか?
(中古ワンルームマンションとローンについて)

家賃収入

マンション購入時の頭金金額は、条件次第では10万円まで抑えられますし、購入後の月々のローン返済額は、家賃収入にて支払い可能ですので、新たに家計を大きく圧迫する要因にはなりません。 また、確定申告により節税分が還付されますので、実質的には費用をあまりかけずに、生命保険への加入、年金対策、資産形成をしていることになります。
マンション経営を始めることにより、今まで支払っていた生命保険料や、貯蓄の負担も見直すことも可能になり、家計のコストダウンを実現される方も多くいらっしゃいます。

マンションの維持費には、マンションのグレードによって違いがありますが、一般的には外壁補修費(10年に一度のクリーニング)、配管補修費(20年に一度くらい)、屋上の防水補修費(10年に一度くらい)、(排水管自体の品質が急速に向上したことにより修繕の必要がほとんどないのが現状です。)以上の補修費については、予定経費を月割りにして所有者が積立金で補修します。従って現在の中古築浅物件は、昔に建てられたマンション(築古物件)やアパート経営とちがい、無計画に大きな費用を必要とするものではありません。

中古ワンルームマンションとローンについてのご質問

↑ PAGE TOP

上に戻る