第10回 マンション経営を新築と中古ではどちらが得をするか | マンション経営.東京がお伝えするワンルームマンションコラム

お問合せ・運営会社

第10回 マンション経営を新築と中古ではどちらが得をするか

マンション経営でメリットがあるのは、新築?中古?

新築?中古?

マンション経営をする際、中古マンションと新築マンションのどちらを選びますか?
「メリットがある方」と答えますよね。
では、どちらにメリットがあるのか考察してみましょう。
各々のプラス面とマイナス面をピックアップしてご説明します。

新築マンションのメリットとデメリット

マンション経営で最も重要視されるのが物件選びでしょう。中古が良いか新築が良いのか迷う方も多いでしょう。中古物件は価格が安いので利回りも高くなります。ということは、中古の方がお得なのでしょうか?
しかし新築にもメリットがあり、一概に中古の方がお得だとは言い切れません。

新築と中古を比較した場合のメリット、デメリットについて考えてみたいと思います。

新築マンシヨンの方から確認していきましょう。
新築は、誰も入居していない状態なので、すべての設備が新しくきれいなので人気があり入居者を見つけやすいのが特徴です。耐震性も現在の基準を備えているので心強いでしょう。

新築物件は、購入した時点から築年数を重ねていくことになりますが、中古物件は、購入時の築年数にさらに年月が積み重なっていくので、建物の劣化などについては購入時にしっかりとチェックしておくことが必要です。
さらに新築物件は部屋のレイアウト、設備等が最新で、物件によってはデザイナーズマンション等もあり、入居者を獲得しやすいということもメリットです。
もちろん、新築物件ならば全てOKかというとそうではありません。
交通アクセスを含めた立地、環境面などを考慮しなければ、家賃設定が中古と同じような価格帯になってしまう…ということになりかねません。
新築でも、立地面への配慮は不可欠でしょう。
そういった入居者獲得におけるメリットはありますが、いかんせん価格が高いのが特徴です。毎月のキャッシュフローがマイナスにならない計画でなければ敬遠した方が良いと言えるでしょう。

中古マンションのメリットとデメリット。

中古マンション

では、中古マンションについて確認しましょう。
まず、中古物件は価格が安く購入しやすいということがメリットとして挙げることができます。

同時に表面利回りが高いのも魅力です。また、過去と現状の入居率を確かめることができるという点も有利です。入居率が高ければ、安心して購入に踏み切ることができます。

中古は、新築より家賃をおさえているので入居率が高いという場合もありますが、中古でも駅から近い等、立地条件が良ければ入居率が高くなり、家賃もある程度の高さに設定ができます。

ただし、ここで注意していただきたいのが管理面で修繕積み立て費が高いことや建物の劣化が進み、大規模なリフォームが必要であったり、予想外の出費を余儀なくされるケースもあることです。管理状態をしっかり確認することが必要です。
バブル期のマンションや一棟アパートなどの悪い特徴ですが、販売時の収益性をよくするために管理に重点が置かれていない建物が多いということです。

マンシヨン経営では、保守管理の長期プランを立てることが重要ですが、長期での修繕計画を立てるまでもなく、即何十万円、何百万円単位のメンテナンス費用が求められては困りますよね。販売後にこのようなケースになるのは、バブル期のマンションや一棟アパートです。
最近のマンションは、インカムゲイン(家賃収入)を得るために建築されているため管理しやすい構造が特徴です。
これは、現地を見れば一目瞭然です。是非、確認してみて下さい。

外観がキレイでも、見た目からはわからない水まわりなどの確認は念入りに行わなければいけません。給湯器ごと買い替える際は、費用がかなりかかりますから注意してください。

さらに、中古物件は管理がずさんだと「長く収益を上げ続けられるのか…」という問題点に突き当たります。
修繕では、切り抜けられない部分、建物の構造に不具合が出ると収益どころではなくなります。 中古物件の場合は、築年数に関わらず、管理面と建物の状況を慎重にチェックしましょう。

マンション経営で物件探しに大切なのは「相場観」を磨く事。

中古でも新築でも、大切なのは「相場観」を知ることです。
「相場観」というは、本体価格、家賃、管理コストの3点をチェックし把握することです。本体価格が安いと、売却価格、家賃設定も低くできるため、買い手や入居者を見つけやすくなります。

賃貸物件では、家賃をどこまで下げるか、その幅が鍵を握ります。
家賃設定で言うなら、新築物件は中古より優位なことがあるでしょう。
管理会社とサブリース契約を結んでいたとしても、定額の家賃が保証されているわけではありません。更新時に入居率がよくなければ、家賃の値下げを強いられます。

管理コストを抑え、家賃と販売価格を高くする業者がいますが、管理コストを抑えるとメンテナンス費用が捻出できなくなり、後々困るのはオーナー様です。
管理コストは、修繕を行うための必要経費なので抑えすぎるのはNGです。
以前のコラムでもご紹介した「収益還元法」を使って、ご説明しましょう。

・家賃9万円、管理コスト1万円のケース
(9万円 − 1万円)×12=96万円(年間家賃)
96万円÷5%(金融機関の評価利回り)=1920万円(販売価格)

・家賃10万円、管理コスト7000円のケース
(10万円 − 7千円)×12=116万円(年間家賃)
116万円÷5%(金融機関の評価利回り)=2320万円(販売価格)

家賃の差額はたった1万円ですが、マンションの販売価格は400万円も異なります。
ここで大切なのは、家賃、管理コスト、販売価格、それぞれが全て適正かどうかを見極めることです。

結論を言うと、マンションが中古か新築か、どちらがお得かということは、一概には言えません。
それよりも、みつけた物件がどれだけの値打ちがあるのか…という「相場観」を磨くことが大切です。 「相場観」を知っていれば、マンションが中古でも新築でもきちんと収益を上げることは可能です。

新築マンションと中古マンションのいいとこ取り

それでは、新築の客付力と中古の収益力をバランスの良いところで購入できれば双方のメリットを得られます。その方法は、2000年以降の中古ワンルームマンションを購入することです。
2000年以降のマンションは、インカムゲインを得るための設計が行われているうえに新築物件より割安に購入できることが特徴です。こういった物件を選択することで、高い入居率と収益の出るプランの両立が可能になります。
いずれにしても自分にあった投資計画を選ぶことが必要になります。よくわからない方は、不動産会社主催のセミナーに参加してみることをお勧めいたします。

ワンルームマンションコラムバックナンバー

↑ PAGE TOP

上に戻る