マンション経営.東京がお伝えするコラム|第3回都心立地について

お問合せ・運営会社

マンション経営.東京トップページ > 特徴 > コラム > 第3回都心立地について 

第3回都心立地について | ワンルームマンションコラム

都心立地について

ポータルサイトのアットホームが実施した【都内に勤務する20代社会人対象“自宅と会社の理想の距離と近隣住宅手当”についての調査】によりますと
自宅と会社は、ある程度離れていたい52.2%、 時間では「24分」、駅数では「5駅」離れているのが理想という結果が発表されました。

都心立地について

通勤時間の計算式は、【自宅から最寄駅】+【電車の乗車時間】+【オフィスの最寄駅からオフィス】となります。オフィスの最寄り駅からオフィスまでの距離は変えることができませんので、自宅から最寄駅までの距離を短くするか、乗車時間を短くする以外に方法はありません。

賃貸のワンルームマンションに住む入居者はサラリーマンをターゲットにしておりますので、オフィスまでの距離というのは物件選びの際、最重要課題になってきます。逆の考え方をすると、オフィス街にどれだけ近いのかが賃料が高く取れ入居のニーズが高いワンルームマンションということになります。

ここで注意して頂きたいのが、ターミナル駅までの私鉄路線は終点のターミナル駅に対するニーズはありますが、乗り換えが絡んでくるとニーズという点では弱いです。そこでお勧めするのがオフィス街を線で結ぶ環状線と山手線の中を中心に行き来する東京メトロ各線ということになります。
東京で環状線と言いますと山手線と大江戸線になります。複数のオフィス街に通勤できるというメリットは、特定の駅に頼らないマンション経営のオーナー様にとってニーズが倍増する戦略になります。つまり、マンション経営にとって都心で物件を持つということは大きなアドバンテージになります。
ワンルームマンションは都心立地で選びましょう!

ワンルームマンションコラムバックナンバー

↑ PAGE TOP

上に戻る