立地について | 東京でやる理由

お問合せ・運営会社

マンション経営を東京で行う理由

東京で行う

マンション経営.東京では、マンション経営の立地としては東京をお勧めしております。ここでは、なぜ東京が良いのかをお伝えしたいと思います。

東京に人が集まる傾向

マンション経営を東京やる理由はやはり入居のニーズがあるからです。
ライフスタイルの変化から、東京に人が集まる傾向が強まっています。
代表的なものが下に書いてある理由です。それを一つ一つ確認していきたいと思います。

仕事があるから東京に人が集まる

都道府県別会社企業数(本社所在地)
「東京都」約28万1千企業(対全国比15.5%)☆最多☆
「大阪府」約14万人2千企業(7.9%)
「神奈川県」約11万6千企業(6.4%)
「愛知県」約11万企業(6.1%)
東京都は従業者数では、対全国比の29.6%とさらに大きな割合を占めています。

東京に人が集まる理由としては、やはり仕事があるからが一番の理由になります。
東京で働く就業者数は日本全国の約30%と高い比率を示しております。
更に神奈川・千葉・埼玉の1都3県で考えた場合には、より多くの割合を示すこととなるでしょう。
つまり、従業者数が多いということはそこに住む人も多くなって行くということになります。

若者の車離れと晩婚化

さらに近年では、若者の車離れと晩婚化が進んでおります。
つまり、車を持たない若者がオフィスの近くに住み、結婚しないため、入居期間も延びているという傾向があります。 つまり、独身でいる期間が長いため、広い部屋が必要なくワンルームマンションに住んでいる期間が長くなるということです。
そのような事情からコンパクトマンションの人気が高まってるのもうなずけます。

単身赴任の増加

近年、企業もプロジェクト単位で仕事をする事が多くなったようです。
つまり、急に転勤する事が多くなったと聞きます。
現在、単身赴任をしている人は就業者の30人に1人という割合になっております。
そういったケースの場合、以前は一家で転勤したものですが、最近は事情が違うようです。
その理由としましては、女性の社会進出が進み、奥様も働いてるケースがあった場合やめてまで転勤する必要があるのかという問題も出てきます。
またご両親の介護でどうしても一家で行けないという事情も大きい理由の一つです。
そんな単身赴任の場合には、家具つきのウィークリーマンションやマンスリーマンションが人気です。 なぜなら、企業や転勤した方が家具の負担をするより安価で済むからです。
そういったケースも増え、東京23区の賃貸住宅からマンスリーマンション・ウィークリーマンションに姿を変えている物件も増えているのが現状です。

企業の海外志向

また近年では、大企業中心に海外のインフラ関係の取引も増えていると聞きます。
企業が大きくなるには、海外に目を向けるという視点はこれからの世の中必要になってくることだと思います。
そのため、国の政策で海外からの留学生を募る【留学生30万人計画】等 様々な省庁と連携して取り組まれております。
その留学生を採用するという企業も増えており、海外からの外国人が東京に住むという事例も増えております。 一方、海外からの訪日外国人も年々増えており、訪日外国人は1,000万人を超え、現在も増え続けている傾向にあります。
その外国人たちの宿泊先としてウィークリーマンション・マンスリーマンションの件数も増えております。 そのウィークリーマンション・マンスリーマンションとして使われるのは駅近のワンルームマンションであることが多く、利用の幅が広がっております。

大学の都心回帰

大学の都心回帰

2,002年に工場等制限法という法律が廃止されました。
この法律は昭和40年代に首都圏に人口が集中する事を回避するために作られた法律で工場などの大きな土地を大学や商業施設に転用する事を制限した法律になります。
この法律が2,002年に廃止されたことによって、工場や国有地などを中心に民間に売買されるケースが増えてきました。そのため、2002年以降に都心に戻ってきた大学のキャンパスが増えたり、工場の跡地に商業施設が立ったり都心の利便性が上がっております。
特に大学の移転は、加速度的に増えております。なぜなら、都心に移転してきた大学の募集率や収益性が上がったことが理由に挙げられます。
そのために東京23区の大学に通学する大学生が増えております。
現在ですとおよそ2割ぐらいの学生が東京23区の大学に通学しているというデータもあります。
その大学生たちの住まいとして東京近郊の賃貸住宅は盛り上がっております。

お年寄りの都心回帰

都心に帰ってきたのは大学生だけではありません。
お年寄りの住まいとしても東京近郊が選ばれている事実があります。
なぜなら、車を運転できなくなったお年寄りにとって交通網が発達した東京23区はこのうえなく生活しやすいからです。また仕事を求めて東京に住んでいる子供たちが、実家のご両親を介護する事難しいケースも増えております。現役の子供たちが仕事を辞めて実家に戻るということは難しいので、ご両親にこちらに来てもらうというケースが増えているということです。しかし、同居は避けたいということで、近くのコンパクトマンションに住んでもらうということも増えております。

このように最近のライフスタイルに合わせてワンルームマンションの利用のされ方も変わりつつあります。社会の事情の変化に合わせて賃貸住宅事情も変化していきます。
その変化に合わせて柔軟に立地を決めることがマンション経営の成功への一歩かもしれません。

↑ PAGE TOP

上に戻る