その他のご質問(16)|マンション経営.東京のQ&Aで疑問を解決

お問合せ・運営会社

マンション経営は生命保険を上回る?保険商品と比較しての優位性

生命保険と同等の安心感が得られる団体信用生命保険に加入しマンション経営

団体信用生命保険に加入しマンション経営

住宅ローンを利用する際に加入する団体信用生命保険はご存じだとは思いますが、マンション経営で投資マンションローンを利用した際にも加入できます。

団体信用生命保険はオーナー様が不幸にも亡くなったり、高度障害になったりした際に、残った住宅ローンを金融機関が完済するもので、残されたご家族に家賃収入があるワンルームマンションを残すことができます。

生命保険の一種である個人年金保険に加入されている方もいると思いますが、支給が開始されてすぐに亡くなってしまうと支払い損になる可能性があります。

マンション経営であれば、ローンの支払いを家賃収入で賄えているうちは収入があります。また、団体信用生命保険に加入することで生命保険と同等の安心感が得られます。

死亡や高度障害以外にも、がん、脳卒中、急性心筋梗塞などにも対応した三大疾病保障付団信も登場したのでご検討ください。

死亡、高度障害の場合、団体信用生命保険によって残った住宅ローンを完済

住宅ローンを利用する際に加入する団体信用生命保険はご存じだとは思います。
団体信用生命保険は、住宅ローンを利用したオーナー様が不幸にも亡くなったり、高度障害になったりした際に、残った住宅ローンを金融機関が完済するものです。

団体信用生命保険の掛け金は安く、金融機関が掛け金を負担する場合もあります。団体信用生命保険は、住宅ローンにとどまらず、投資マンションローンを利用した際にも加入できます。

投資マンションローンを利用してワンルームマンションを購入し団体信用生命保険に加入しておけば、不幸にもオーナー様が亡くなっても、ご家族に家賃収入があるワンルームマンションを残すことができます。ご家族の意向で、不動産を売却することも可能です。

マンション経営に乗りだし加入している生命保険を見直しする

生命保険を見直しする

破たんを噂される年金制度に備えるため、生命保険の一種である個人年金保険に加入されている方もいると思いますが、個人年金保険は、被保険者が亡くなった時点で年金の支給は止まってしまいます。

長年、個人年金保険を積み立てていても、支給が開始されてから、すぐに亡くなってしまうと支払い損になる可能性があります。

一方、マンション経営であれば、投資マンションローンの支払いを家賃収入で賄えているうちは、収入が得られる上に、団体信用生命保険に加入することで、生命保険と同等の安心感が得られます。
このようなことから、マンション経営に乗りだした際には、現在加入している生命保険を見直しの検討をおすすめします。場合によっては、現在加入している生命保険を解約できる可能性もあります。

がん、脳卒中、急性心筋梗塞などに対応した三大疾病保障付団信

団体信用生命保険の他に、三大疾病保障付団信も登場し、死亡や高度障害以外にも、がん、脳卒中、急性心筋梗塞などにも対応しています。

死亡や高度障害に対応する団体信用生命保険に加入して、がんになって治療し一命を取りとめても保険はおりません。

ただ、三大疾病保障付団信に加入すれば、がんになった場合に保険がおります。サラリーマンと兼業のオーナー様でしたら、がんよって今まで通り働けなくなった場合、収入が減ってしまいますが、マンション経営により家賃収入がまだありますので心強いのではないでしょか。

その他のご質問

↑ PAGE TOP

上に戻る