その他のご質問(4)|マンション経営.東京のQ&Aで疑問を解決

お問合せ・運営会社

マンション経営は年収500万円から(その他のご質問)

サラリーマンの平均年収500万円でマンション経営が可能か?

年収500万円

銀行は20~30年に渡ってお金を返済してくれる人を積極的に探しています。そして、それに該当するのがサラリーマン。サラリーマンの平均年収をご存知でしょうか?
2014年の国税庁の調査では、約7割が500万円未満なのです。ということは、500万円の収入でマンション経営が可能だということでしょうか?

それとももっと多い年収のサラリーマンだけがマンション経営を行えるのでしょうか?

マンション経営を始める人の年収は?

マンション経営を行う人は、どれくらいの年収の人が始めるのでしょう。
「リッチな人」「資産家」「地主さん」…といった富裕層がマンシヨン経営を営んでいると思い込んでいる人が多いようです。 たとえば、「年収1000万円以上でなければマンション経営はできない」といったイメージを持っているのではないでしょうか。

では、実際にマンション経営をしている人の年収を見ていきましょう。
ある会社が行ったマンション経営の顧客の年収別比率調査を見ると、年収500万円~700万円未満が全体の40%を占めています。その他はややばらつきがあり、約20%が800万円~10000万円未満、14%が700万円~800万円未満と続いています。
この調査結果から年収500万円~700万円未満が最も多いのがうかがえます。

このような結果から、マンション経営を始めるなら年収500万円を目安とすることをおすすめします。バブルのあと、2000年前後では、金融機関の融資条件は厳しく年収800万円以上でした。それだけマンション経営は、一部の富裕層が行う投資として認識されていました。
しかし、昨今では、社会の経済状況が変化し、投資用マンションの価格帯が低い状態で安定してきました。
また、ローン返済の事故率も低下してきたことなどもあり、融資条件の年収としては、400万円以上となっています。 これによってマンション経営の裾野が広がり、誰もがマンション経営を行なえる土壌が整いました。これは、非常に大事なことで、誰もが購入できるということは、流通量が増えるということです。それは、マンション経営のリスクの一つ「流動性がない」というリスクが薄まっていることを意味しています。

年収500万円のサラリーマンが手軽に始められるマンション経営

融資条件

融資条件が年収400万円以上となっていることから、マンション経営を始めるなら年収400万円~500万円の会社員でも、手軽に始められる不動産投資だと言えます。

今、色々と問題になっている年金の受給についてですが、定年後は「年金制度が破綻しているかもしれない」「これまで通り、年金がもらえないかもしれない」といった将来の不安がよぎる現代社会。会社に勤務していても定年まで安泰だとは限りません。終身雇用という日本特有のシステムも崩れ、定年まで働けるという保証はなくなりました。 無事に定年まで務めることができたとしても、年金の受給年齢は引き上げられており、退職後にすぐ年金がもらえる確約はありません。

備えあれば憂いなし。将来の生活基盤を準備しておく必要があると予測されます。そこで考えられるのが、年収500万円のサラリーマンが始めることができるリスクの少ないマンション経営なのです。
つまりオリンピックが原因でマンション経営を行う人が増えているのではなく、社会保障不安が国民の投資マインドを刺激しているということです。社会保障不安がなくなるまで、マンション経営に対するニーズは減らないということです。

忙しいサラリーマンにこそ、最適なマンション経営

会社務め以外に副業しても大丈夫だろうか…といった心配をお持ちの方も多いようです。
心配の内容もさまざまで、「会社に副業が知られても良いか」「副業が忙しくなりすぎないか」等…色々なお声をお聞きします。
「会社に副業が知られても良いか」という点に関しては、各々の会社によって規則が異なるので確認の必要があるかもしれません。

ただし、マンション経営が副業に含まれるかというと疑問を感じます。なぜなら元々、親から受け継いだ物件として所有、すでに賃貸経営を行っている人もいます。
また、転勤によって自分が購入したマンションの1室を賃貸し、家賃収入を得ているサラリーマンもめずらしくありません。 こういった副業や副収入は、会社での業務に著しく支障をきたさない限りは、問題無いと言えます。
サラリーマンがマンション経営をすると、所得税が返って来るというメリットもあります。
将来の独立、起業に備えて、資格を取る人もいますが、マンション経営は資格や試験は必要ありません。 「副業が忙しくなりすぎないか」という点については、オーナー様自らが広告や宣伝等を行うことは少なく、不動産会社に入居者募集を依頼し、管理全般を任せるケースが一般的です。それゆえ、日々忙しいサラリーマンにこそ最適だと言えるでしょう。
しかし、これは都心のワンルームマンションに限ります。 なぜなら、一棟物件になるとオーナー様が管理する範囲が増えるからです。
マンション経営のオーナー様は、賃貸管理会社が代行してくれれば大きく手間がかかることもありませんが、一棟物件はこれに建物管理や部屋数が多いため賃貸管理に関する問い合わせが増えます。 建物の構造や収支計画によってオーナー様の守備範囲も変わります。

年金の足しであれば、マンション経営で十分対応が可能です。マンション経営は株やFX等の時間を犠牲にする投資とは違い、土日を謳歌しながら将来の対策を行いたいサラリーマン向けの資産運用なのです。

その他のご質問

↑ PAGE TOP

上に戻る