生涯未婚率、男性23%・女性14%と過去最高に

生涯未婚率の推移

厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所による調査で、50歳まで一度も結婚したことがない人が2015年に男性23.37%、女性14.06%だったことが分かった。

こういった未婚の人の割合を表す「生涯未婚率」は、前回2010年の調査より男女とも3ポイント以上伸びており、過去最高の結果だ。これは男性の約4人に1人、女性の約7人に1人いることになる。5年に1回、国勢調査を基に公表されている本調査結果。

男性は1970年まで、女性は1960年まで長期間1%台が続いたが、それ以降はますます増加している。
都道府県別で見てみると、男性は①沖縄26.20%、②岩手26.16%、③東京26.06%と続いた。女性は東京19.20%がトップ、②北海道17.22%、③大阪16.50%という結果だ。

同研究所が昨年公表した出生動向基本調査では、「いずれは結婚したい」と考えている18~34歳の未婚者割合が、男性85.7%、女性89.3%を占めた。高水準な割合だが、ハードルとして「結婚資金」の確保が難しいと考えている人が多く、非正規労働者の増加が生涯未婚率上昇の一因となっている。

結婚をためらう人が多いということは、少子化が加速していく要因にもなり、今後も一人暮らしの人が増えていくことが予想出来るだろう。特に、東京は男女共にトップ3に入っており、ワンルームマンションの需要が増えていくことが読み取れる。
マンション経営において物件や立地も大切なので、需要が増えていく物件の種類、エリアを見極めてほしい。

関連記事

マンション経営セミナー

【運営会社の株式会社和不動産セミナー詳細はこちら】

個別相談

オーナー様からの評判・口コミ

お客様とのお約束

N-RICOS(エヌ-リコス)

N-RICOS(エヌ-リコス)サイトはこちら >>
アフターフォローNO.1宣言の和不動産オリジナルコンサルティングシステム【N-RICOS(エヌ-リコス)】でマンション投資をより確かなものへとアドバイスいたします。

年金対策特設サイト

相続税対策特設サイト

不動産投資46のメッセージ表紙 

メディア掲載バナー

お問い合わせ

【運営会社の株式会社和不動産の公式サイト】
ページ上部へ戻る