羽田空港の“拡張跡地”を再開発 複合施設など

滑走路の増設や国際線ターミナルの開業など、利便性を上げるための拡張工事をくり返してきた羽田空港。2020年には、拡張工事によって生じた跡地を地元・大田区が主体となり複合施設「羽田イノベーションシティ」として開発する。対象となるのは、京急と東京モノレールの天空橋駅付近から、国際線ターミナルにかけて、約5.9ヘクタールもの広大な敷地だ。総事業費は約540億円となる。

海外への発信拠点にも

商業施設のほかにも、先端技術を海外発信する拠点となる自動運転や先端医療の施設が入る予定となっている。この開発には、アベノミクスによる「国家戦略特区」が活用される予定だ。新技術の実証実験ができる措置の適用も検討されている。

さらに大田区では、産業振興策としてシェアオフィスや交流スペースを備えた創業支援拠点も開業予定で、既に10法人の募集も始まっている。起業家のアイデアと町工場の製造技術の協や連携による効果が期待されている。

同施設が完成する2020年には、羽田国際線が増便されることも決定しており、日本の先端技術やアイデアを海外に発信する拠点として見込んでいる。

 

人口増加が見込める注目の街

新たな施設がオープンすれば、従業員などの賃貸需要が見込める。このように、開発後の”跡地”も再開発することで街に新たな機能が加われば、さらなる利便性を求めて人口が流入してくることも期待できそうだ。

投資物件の購入エリアに悩んでいる方は、こういった先々の再開発状況を見ながら検討すると「後悔しない物件選び」になるのではないだろうか。

 

【関連記事】

マンション経営コラム|第9回 不動産投資のために知っておきたいアベノミクスの国家戦略特区とは?その①

https://mansionkeiei.tokyo/detail/column/2017_06_06_1.html

関連記事

マンション経営セミナー

【運営会社の株式会社和不動産セミナー詳細はこちら】

個別相談

オーナー様からの評判・口コミ

お客様とのお約束

N-RICOS(エヌ-リコス)

N-RICOS(エヌ-リコス)サイトはこちら >>
アフターフォローNO.1宣言の和不動産オリジナルコンサルティングシステム【N-RICOS(エヌ-リコス)】でマンション投資をより確かなものへとアドバイスいたします。

年金対策特設サイト

相続税対策特設サイト

不動産投資46のメッセージ表紙 

メディア掲載バナー

お問い合わせ

【運営会社の株式会社和不動産の公式サイト】
ページ上部へ戻る