江東区青海にIRを

街イメージ図

東京都は、若手職員と有識者でつくる官民連携チームから臨海部開発で11の提案を受理したと発表しました。

江東区青海にカジノを含む統合型リゾート(IR)を整備するといった内容もあり、都は「参考にしながら検討を深めていく」としています。

 

提案のひとつは「世界へ向けて『ここにしかない』ベイエリアツーリズムを展開する」こと。2020年7月に開業する東京国際クルーズターミナルに近い立地を生かして「青海エリアにおいてMICE、IR施設を整備し、国内外から人を集める」とまとめています。

都は今回の提案を策定中の「東京ベイエリアビジョン」(仮称)の検討に役立てる。年内としてきた策定時期を20年五輪・パラリンピック後と約1年後ろ倒しにすることも明らかにしています。

湾岸地域はますます目が離せないですね。

関連記事

マンション経営セミナー

【運営会社の株式会社和不動産セミナー詳細はこちら】

個別相談

オーナー様からの評判・口コミ

お客様とのお約束

N-RICOS(エヌ-リコス)

N-RICOS(エヌ-リコス)サイトはこちら >>
アフターフォローNO.1宣言の和不動産オリジナルコンサルティングシステム【N-RICOS(エヌ-リコス)】でマンション投資をより確かなものへとアドバイスいたします。

年金対策特設サイト

相続税対策特設サイト

不動産投資46のメッセージ表紙 

メディア掲載バナー

お問い合わせ

【運営会社の株式会社和不動産の公式サイト】
ページ上部へ戻る