心理的瑕疵物件の告知、「入居者1回入れ替え」がトップ|日本賃貸住宅管理協会発表 

(公財)日本賃貸住宅管理協会は12月10日、心理的瑕疵物件(事故物件等)に係る重要事項説明についての調査結果を発表しました。2019年度上期(19年4~9月)の賃貸住宅市場景況感調査(日管協短観)と併せ会員に調査したものということです。

—————————-
 対象となる住戸等の位置は、「当該住戸のみ」が最も高く約7割。エリア別にみても、「当該住戸のみ」が最も高く、自由回答では、「状況による」「事故のレベルや騒ぎの有無等を考慮し説明範囲を決める」「基本は当該住戸のみだが、亡くなり方や場所により対象範囲を広げる」などの意見が寄せられたそうです。

 対象となる亡くなり方では、「室内で自殺」が74.6%。「室内で他殺」(64.9%)、「室内で病死・事故死」(59.7%)を上回り、室内で亡くなった場合は、状況を問わず、約6割が重要事項説明を行なうと回答しました。

 告知期間は、「入居者1回入れ替え」が35.1%でトップ。自由回答では、「内容により期間を設定」「自殺は数回だが、他殺は半永久」「原則1回だが、認知度や入居期間により変更する場合あり」「弁護士に相談」などがみられ、地域によっては、仮に10年以上が経過しても風評が消えないことがあるなど、地域によってばらつきが大きいことも分かりました。

 室内での入居者の自殺・他殺・孤独死等(死後1週間以上)が判明したきっかけは、全国では「家族からの連絡」がトップ(76.4%)でした。
—————————-

出典元;日管協短観:https://www.jpm.jp/marketdata/pdf/tankan22.pdf

関連記事

N-RICOS(エヌ-リコス)

N-RICOS(エヌ-リコス)サイトはこちら >>
アフターフォローNO.1宣言の和不動産オリジナルコンサルティングシステム【N-RICOS(エヌ-リコス)】でマンション投資をより確かなものへとアドバイスいたします。

マンション経営セミナー

運営会社の株式会社和不動産セミナー詳細はこちら >>

不動産投資 初心者
セミナー会場 地図

セミナー会場地図はこちら >>

マンション経営セミナー

和不動産 仲宗根 書籍第4弾

運営会社 和不動産のページはこちら >>

相続税対策特設サイト

和不動産 仲宗根 書籍第3弾

運営会社 和不動産のページはこちら >>

和不動産 仲宗根 書籍第2弾

運営会社 和不動産のページはこちら >>

不動産投資購入後の教科書

お問い合わせ
個別相談

オーナー様からの評判・口コミ

お客様とのお約束

カテゴリー

ページ上部へ戻る