2019年訪日外国人、8年連続増も伸び鈍く

訪日外国人客を2020年に政府目標の4000万人には厳しい状況

8年連続で増えたが、伸び幅は12年以降で最小

国土交通省が1月10日発表した19年の訪日外国人客数は3188万人と、18年と比べて2.2%増とわずかなプラスにとどまったことがわかりました。4000万人の政府の目標達成には大幅な上積みが必要な状況となっています。2019年は微増だったが、7年連続で過去最高を更新しました。訪日外国人客数は2013年に1000万人を超え、6年で3倍に増えたが、ここ最近は伸びが鈍っています。

2019年は2010年の861万人から約3.7倍に

訪日外国人客数は2011年の東日本大震災で一時的に減少したが、それ以降は一貫して増加が続いています。そして、ビザの要件緩和や格安航空の就航増や円安などを背景に2019年は2010年の861万人から約3.7倍に増えました。

2019年夏からは日本政府による対韓輸出管理の厳格化が影響し、訪日韓国人が大きく減った。7月に7.6%減となってからはマイナスが続き、8~11月は5割から6割強と大きく落ち込んだ。韓国人は訪日外国人客の約4分の1を占めていたが、韓国人の客足減が全体の鈍い伸びにつながりました。
また、中国や東南アジア、欧米など韓国以外の地域はおおむね好調を維持しているということです。特に、中国からの訪日外国人客は2019年11月までの時点で約888万人と過去最高となり、前年同期と比べて14%増えています。

目標達成にはかなりの上積みが必要

国土交通省の試算によると、2020年は羽田空港、成田空港での発着容量の増加や、那覇空港の第2滑走路の運用開始によって約600万人分の航空機で来日する訪日外国人客の受け入れが新たに可能になるとしています。JTBは2020年の訪日外国人客数を3430万人と予想しています。

関連記事

N-RICOS(エヌ-リコス)

N-RICOS(エヌ-リコス)サイトはこちら >>
アフターフォローNO.1宣言の和不動産オリジナルコンサルティングシステム【N-RICOS(エヌ-リコス)】でマンション投資をより確かなものへとアドバイスいたします。

マンション経営セミナー

運営会社の株式会社和不動産セミナー詳細はこちら >>

不動産投資 初心者
セミナー会場 地図

セミナー会場地図はこちら >>

マンション経営セミナー

和不動産 仲宗根 書籍第4弾

運営会社 和不動産のページはこちら >>

相続税対策特設サイト

和不動産 仲宗根 書籍第3弾

運営会社 和不動産のページはこちら >>

和不動産 仲宗根 書籍第2弾

運営会社 和不動産のページはこちら >>

不動産投資購入後の教科書

お問い合わせ
個別相談

オーナー様からの評判・口コミ

お客様とのお約束

カテゴリー

ページ上部へ戻る