魅力的な不動産投資先ランキング 東京が世界の「ビッグ7」入り

4月5日の日経新聞に、東京のマンション経営者には嬉しい、不動産投資先として世界的に魅力が高い都市の最高峰である「ビッグ7」に東京が選出されたという記事が掲載されていたので、ご紹介したい。マンション経営を行うにおいては、入居者の需要は最重要ポイントのひとつだ。当たり前のことだが、入居者いなければ家賃収入は得られないからだ。よくサブリースがあるから安心という話も耳にするが、最近話題になったニュースのように、しっかりと契約を確認しないと、更新の際に大幅な値下げや契約解除などという事態もおこってしまう場合があるかもしれないので、やはり実需があることがマンション経営には重要だと言える。

米不動産情報大手のジョーンズラングラサール(JLL)は、2018年の都市比較インデックスリポートで魅力的な不動産投資先として世界の83都市を選出した。
最上位の「ビッグ7」に東京が選ばれ、「不動産投資でまず名を挙げるべき都市」と評価。
日本からは京都、名古屋、大阪も83都市に入ったが、アジア圏で見ると中国が最多となり、12都市が選出された。

・83都市を以下の4つのカテゴリー、10ランクに分類
【確立された世界都市】・・・①ビッグ7、②挑戦者たち
【新たな世界都市】・・・③イノベーター、④ライフスタイルシティ、⑤インフルエンサー
【新興世界都市】・・・⑥メガハブ、⑦エンタープライザー、⑧パワーハウス
【ハイブリッドと成長エンジン】・・・⑨ハイブリッド、⑩国内成長エンジン

最上位の「ビッグ7」にはロンドン、ニューヨーク、パリ、シンガポール、東京、香港、ソウルが選ばれた。
世界の商業用不動産への投資額の1/4近くをこの7都市が占め、流動性の高い不動産市場と独自の惹き付ける力により、多国籍企業やクロスボーダー投資家が最初に注目する都市だ。
京都は5番目の「インフルエンサー」で、2000年以降のオフィス賃料の変動幅が小さく、安定した不動産市場を有するとされている。
名古屋・大阪は10番目の「国内成長エンジン」で、不動産市場透明度を大きく向上させ、不動産投資額においても世界の上位にランクされる都市グループだ。
安定的な先進国にみられる都市郡で、大規模な国内市場へのアクセスの恩恵を受け、安定した需要があり、競合相手が比較的少ない都市と位置づけられた。
今回ランキングを公表したJLLは世界80カ国に300拠点を持つ大企業で、商業施設や物流施設、オフィス、ホテルなどの管理や仲介を手掛けており、同社の取引価格や件数などに基づいて選定した。
不動産投資初心者にとって、どのエリアで始めるかを考える際、今回の世界不動産投資ランキングはとても参考になることだろう。そしてマンション経営初心者の方がまず選ぶべきエリアは、「東京」であることが、こういったランキングからも理解頂けるのではないだろうか。
では、東京にエリアを絞ったとき、投資すべきはどのような物件なのか?不動産投資初心者でも失敗しない、堅実な投資ができる立地はどこなのか?
詳しくは和不動産が開催しているマンション経営セミナーにてお伝えしているので、ぜひともご参加いただきたい。

関連記事

N-RICOS(エヌ-リコス)

N-RICOS(エヌ-リコス)サイトはこちら >>
アフターフォローNO.1宣言の和不動産オリジナルコンサルティングシステム【N-RICOS(エヌ-リコス)】でマンション投資をより確かなものへとアドバイスいたします。

マンション経営セミナー

運営会社の株式会社和不動産セミナー詳細はこちら >>

不動産投資 初心者
セミナー会場 地図

セミナー会場地図はこちら >>

マンション経営セミナー

和不動産 仲宗根 書籍第4弾

運営会社 和不動産のページはこちら >>

相続税対策特設サイト

和不動産 仲宗根 書籍第3弾

運営会社 和不動産のページはこちら >>

和不動産 仲宗根 書籍第2弾

運営会社 和不動産のページはこちら >>

不動産投資購入後の教科書

お問い合わせ
個別相談

オーナー様からの評判・口コミ

お客様とのお約束

カテゴリー

ページ上部へ戻る