エアビーなど民泊の業界団体設立へ

5月23日の日経新聞に民泊に関する記事が掲載されていたので、ご紹介したい。
5月23日午後、百戦錬磨(仙台市)や米エアビーアンドビーなどの民泊仲介会社6社の幹部が都内で会合を開き、業界団体「住宅宿泊仲介業者適正化協会」(仮称)を立ち上げることに合意した。
6月15日に迫った住宅宿泊事業法(民泊法)の施行に伴い、ルールを守った民泊営業を普及させるための研修や事例共有、情報発信に取り組んでいく。正式名称や代表者などを6月中にも詰め、早期に立ち上げる。
集結したのは、先の2社のほか米HomeAwayや中国最大手の途家(トゥージア)、中国の自在客(ジザイケ)、6月にサイト運営を始める楽天LIFULL STAY(東京・千代田)の計6社。現行ルールに沿った民泊仲介サイト「ステイジャパン」を運営する百戦錬磨が呼びかけ、観光庁が仲立ちした。今後、6社以外の参加も募っていくことが決まっている。
百戦錬磨の上山康博社長は会合後、「質の高い民泊を仲介して悪い印象を払拭し、市場を発展させたい」と語った。
民泊法では仲介業者に観光庁への登録を求めているが、百戦錬磨のように旅行業登録をしている企業は新たな登録なしで仲介することができる。また、これまでエアビーなどは無許可施設も掲載してきたが、新法では違法民泊のサイト掲載を禁じている。年180日の営業日数の上限を超過していないかなどを確認するため、掲載している施設の情報を半年ごとに観光庁に報告することも求めている。

民泊の解禁が6月15日に迫る中、民泊運営に関するサービスの動きが活発になっている。
その一方で民泊ホストの登録は伸び悩んでいるという情報もあり、今後の行方がちゅうもくされます。
ただ、民泊がマンション経営の新しい形として今後日本で定着していくことは間違いないのかもしれません。

関連記事

マンション経営セミナー

【運営会社の株式会社和不動産セミナー詳細はこちら】

個別相談

オーナー様からの評判・口コミ

お客様とのお約束

N-RICOS(エヌ-リコス)

N-RICOS(エヌ-リコス)サイトはこちら >>
アフターフォローNO.1宣言の和不動産オリジナルコンサルティングシステム【N-RICOS(エヌ-リコス)】でマンション投資をより確かなものへとアドバイスいたします。

年金対策特設サイト

相続税対策特設サイト

不動産投資46のメッセージ表紙 

メディア掲載バナー

お問い合わせ

【運営会社の株式会社和不動産の公式サイト】
ページ上部へ戻る