【都心ー臨海部】のバス高速輸送システムの名称「東京BRT」に決定

11月21日の日経新聞によると、晴海のバス高速輸送システムBRTの名称が決まったようなので、ご紹介したい。
東京でのマンション経営をお考えの方、既に始めている方にはぜひチェックしていただきたい。

東京都は都心と臨海部を結ぶバス高速輸送システム「BRT」の名称を「東京BRT」に決めたと公表した。英語表記は「TOKYO BRT」。
8~9月に公募したところ428件の応募があり、「東京BRT」は最も多い23の応募があった。「シンプルで分かりやすい」「誰でも覚えられる」「外国人にも理解されやすい」などの意見を踏まえ、東京の新しい公共交通機関に相応しく分かりやすい名称として決定した。

また、車両カラーやシンボルマークなどのデザイン案に関しても、11月8日から25日までの期間、青や江戸紫、レインボーの3案の中から意見を募集している。

車両デザインは以下の3つ。
1.変化する交通を表現したレインボーを基調とするA案
2.江戸の粋を表現した江戸紫のB案
3.臨海部の空と海を表現した「臨海ブルー」のC案

 

マンション経営 東京

ロゴや停留所も車両にあわせてデザインを統一する。
都のホームページやメールで応募することができる。結果は年明けを予定している。

BRTは2020年の東京オリンピック前にプレ運行を始め、オリンピック後にルートを拡大。
2022年度に幹線道路「環状2号」が全線開通した後、本格運行を予定している。
晴海の選手村で建設中のマンション群「HARUMI FLAG」など、臨海部の住民の交通手段として期待されている。

関連記事

N-RICOS(エヌ-リコス)

N-RICOS(エヌ-リコス)サイトはこちら >>
アフターフォローNO.1宣言の和不動産オリジナルコンサルティングシステム【N-RICOS(エヌ-リコス)】でマンション投資をより確かなものへとアドバイスいたします。

マンション経営セミナー

運営会社の株式会社和不動産セミナー詳細はこちら >>

不動産投資 初心者
セミナー会場 地図

セミナー会場地図はこちら >>

マンション経営セミナー

和不動産 仲宗根 書籍第4弾

運営会社 和不動産のページはこちら >>

相続税対策特設サイト

和不動産 仲宗根 書籍第3弾

運営会社 和不動産のページはこちら >>

和不動産 仲宗根 書籍第2弾

運営会社 和不動産のページはこちら >>

不動産投資購入後の教科書

お問い合わせ
個別相談

オーナー様からの評判・口コミ

お客様とのお約束

カテゴリー

ページ上部へ戻る