仮想通貨の「疑わしい」取引5944件

12月6日の日経新聞に掲載されていた、仮想通貨に関する記事をご紹介したい。
警察庁のまとめによると、2018年1~10月までの期間、仮想通貨交換業者がマネーロンダリング(資金洗浄)などの疑いがあるとして届け出た取引が計5944件あった。
届け出が義務付けられた2017年4~12月にかけては669件だった。同庁は大幅に増加した背景として交換業者の間で届け出制度が定着してきたことがあるとみている。
警察庁は12月6日、資金洗浄などの状況をまとめた「犯罪収益移転危険度調査書」を公表。この中で仮想通貨について、匿名性が高いことや取引の追跡が困難なことを挙げ、「悪用される危険度は他業態よりも相対的に高い」と指摘した。
届け出の内容としては、偽名とみられる名前で複数の口座を開設するようなケースがあった。
調査書では、実際に資金洗浄や犯罪に悪用されたケースを列挙している。
不正に取得した他人名義のアカウントで仮想通貨を購入し、海外サイトで日本円に換金後、他人名義の口座に振り込むようなケースなどがあった。違法薬物や児童ポルノの取引に使われた事例もある。
犯罪収益移転防止法は資金洗浄などの疑いがある取引を国などに届け出るよう金融機関やクレジットカード会社などに義務付けている。2017年4月の同法改正で仮想通貨交換業者も対象となった。
仮想通貨交換業者は、全部で16社。資金洗浄などへの対策として、金融庁は取引時の本人確認や取引記録の保存を徹底するよう求めており、10月までに28件の業務停止や業務改善命令などの行政処分を行っている。

関連記事

N-RICOS(エヌ-リコス)

N-RICOS(エヌ-リコス)サイトはこちら >>
アフターフォローNO.1宣言の和不動産オリジナルコンサルティングシステム【N-RICOS(エヌ-リコス)】でマンション投資をより確かなものへとアドバイスいたします。

マンション経営セミナー

運営会社の株式会社和不動産セミナー詳細はこちら >>

不動産投資 初心者
セミナー会場 地図

セミナー会場地図はこちら >>

マンション経営セミナー

和不動産 仲宗根 書籍第4弾

運営会社 和不動産のページはこちら >>

相続税対策特設サイト

和不動産 仲宗根 書籍第3弾

運営会社 和不動産のページはこちら >>

和不動産 仲宗根 書籍第2弾

運営会社 和不動産のページはこちら >>

不動産投資購入後の教科書

お問い合わせ
個別相談

オーナー様からの評判・口コミ

お客様とのお約束

カテゴリー

ページ上部へ戻る