【横浜市営地下鉄】新百合ケ丘に延伸 2030年開通!

横浜市営地下鉄ブルーライン延伸、2030年開通を目指す

1月23日の記者会見にて、横浜市の林市長と川崎市の福田市長が横浜市営地下鉄ブルーラインの延伸の決定を発表した。

現在の終点「あざみ野駅」(横浜市青葉区)から、小田急線・新百合ケ丘駅(川崎市麻生区)まで延伸される。これにより、両市の北部、東京多摩地区から東海道新幹線の利用や横浜中心部へのアクセスがよくなり、小田急線と田園都市線の乗り継ぎも改善される。

あざみ野-新百合ヶ丘間のルート新設

駅は新百合ケ丘駅を含めて4駅設ける予定で、「嶮山付近」「すすき野付近」と「新百合ヶ丘駅南口付近」が駅予定エリアとされている。

気になるルートは「東側ルート」「中央ルート」「西側ルート」の3つの案があり、19年度中に具体案を詰める。

  • あざみ野―新百合ケ丘間の所要時間・・・約10分
  • 1日あたりの利用者数・・・約8万人を想定
  • 延伸区間・・・約6km
  • 用地取得を含め総事業費・・・1700億円前後

初期費用負担による累積赤字は開業から25~30年程度で解消すると見込んでいる。

現在、田園都市線のあざみ野駅と新百合ケ丘駅間を行き来するには鉄道を遠回りして乗り継ぐか、バスなどで移動する必要がある。小田急線を使う東京多摩地区のニュータウン住民にとっても、東海道新幹線が停車するJR新横浜駅への所要時間が短縮されるほか、横浜中心部へ移動しやすくなる。

 

都心も鉄道の延伸、新線計画続々と

神奈川県内では相模鉄道が2019年度下期にJR線と、2022年度下期に東急線と相互直通運転するための整備を進めている。

首都圏にも鉄道の延伸、新線の計画がある(下図参照)。

鉄道の延伸、新線により、都心部の生活や通勤はより便利に、豊かになっていくことだろう。

関連記事

N-RICOS(エヌ-リコス)

N-RICOS(エヌ-リコス)サイトはこちら >>
アフターフォローNO.1宣言の和不動産オリジナルコンサルティングシステム【N-RICOS(エヌ-リコス)】でマンション投資をより確かなものへとアドバイスいたします。

マンション経営セミナー

運営会社の株式会社和不動産セミナー詳細はこちら >>

不動産投資 初心者
セミナー会場 地図

セミナー会場地図はこちら >>

マンション経営セミナー

和不動産 仲宗根 書籍第4弾

運営会社 和不動産のページはこちら >>

相続税対策特設サイト

和不動産 仲宗根 書籍第3弾

運営会社 和不動産のページはこちら >>

和不動産 仲宗根 書籍第2弾

運営会社 和不動産のページはこちら >>

不動産投資購入後の教科書

お問い合わせ
個別相談

オーナー様からの評判・口コミ

お客様とのお約束

カテゴリー

ページ上部へ戻る