給与総額10ヶ月ぶりに0.4%減 伸び悩む正社員の賃金

正社員の賃金の増加に勢いがつかない。
厚生労働省が2017年5月9日に発表した3月の毎月勤労統計調査(従業員が5人以上の事業所が対象)によると、1人あたりの名目賃金にあたる「現金給与総額」は27万7,512円と、前年の同じ月と比べて0.4%減少したことが分かった。

内訳をみると、基本給にあたる「所定内給与」は0.1%減り、残業代など「所定外給与」も1.7%減った。また、通勤手当や賞与など「特別に支払われた給与」も3.6%減と落ち込んだ。
正社員を含むフルタイムの基本給が伸び悩んでいる原因について、エコノミストたちは「大企業を中心にベースアップは進んでいるものの、産業界全体でみると賃上げの動きが弱いため」と分析している。

一方で、景気の回復と人手不足に伴い、完全失業率は2017年3月時点で2.8%と、完全雇用に近い状態まで回復した。
また、人手不足の企業がパートタイム労働者の賃上げに動いたため、パートの時間あたり賃金は給与は3月時点で2.1%増え、4ヶ月連続で2%台の伸びとなった。

厚生労働省は3月の賃金水準について、「昨年3月の実績が高かったために、その反動で前年割れになった」としている。しかしながら、政府も「働き方改革会議」で産業界に賃上げを要請しているだけに、賃金の伸び悩みは今後の日本経済においても懸念材料となりえる。

正社員の賃金が伸び悩むなかで、労働収入の他に「副収入」「複利」を求める考え方は更に広がっていくことだろう。将来を見据えた資産形成を考えていかなければならない。

関連記事

N-RICOS(エヌ-リコス)

N-RICOS(エヌ-リコス)サイトはこちら >>
アフターフォローNO.1宣言の和不動産オリジナルコンサルティングシステム【N-RICOS(エヌ-リコス)】でマンション投資をより確かなものへとアドバイスいたします。

マンション経営セミナー

運営会社の株式会社和不動産セミナー詳細はこちら >>

不動産投資 初心者
セミナー会場 地図

セミナー会場地図はこちら >>

マンション経営セミナー

和不動産 仲宗根 書籍第4弾

運営会社 和不動産のページはこちら >>

相続税対策特設サイト

和不動産 仲宗根 書籍第3弾

運営会社 和不動産のページはこちら >>

和不動産 仲宗根 書籍第2弾

運営会社 和不動産のページはこちら >>

不動産投資購入後の教科書

お問い合わせ
個別相談

オーナー様からの評判・口コミ

お客様とのお約束

カテゴリー

ページ上部へ戻る