東京駅と羽田空港結ぶ新線、29年度に開業予定

【羽田ー東京駅】間が18分に

2月15日、JR東日本の深沢社長は羽田空港と東京都心を結ぶ新路線「羽田空港アクセス線」について、東京駅方面を繋ぐ「東山手ルート」の環境影響評価に着手すると発表した。2019年5~6月から開始し、2029年度の開業を目指す。

東山手ルートが開通すれば、【羽田空港ー東京駅】間はこれまでより10分早い約18分で繋がる。

東山手ルートは、空港に設ける新駅から約5kmのトンネルを新設し、東京貨物ターミナルまでつなぐ。

ターミナルから山手線田町駅近くまでの約7.4kmは自社の貨物線を利用し、同駅近くからは東海道線に乗り入れる。

インフラで課題だった羽田空港ー都心へのアクセスを改善

JR東は環境評価に3年、工事に7年かかるとみている。

深沢社長は日本記者クラブの会見で「羽田空港は利用が増えていく。アクセス線をつくることは社会的に意義がある」と話した。

東山手ルートが開業すれば、茨城、群馬、栃木方面を結ぶ「上野東京ライン」の電車も羽田空港に直接乗り入れることができるようになる。

JR東は新宿駅方面とつなぐ「西山手ルート」、新木場方面とつなぐ「臨海部ルート」の計3ルートを計画している。

総事業費は約3200億円で、自治体などからの補助金も活用していきたい考え。

 

訪日外国人専用Suicaも

JR東は同日、9月1日に訪日外国人専用のSuica「Welcome Suica」を発売することも合わせて公表した。

ウェルカムスイカ

(画像はJR東日本プレスリリースより)

 

デザインは日の丸をイメージした赤をバックに白い桜の花があしらわれており、記念に持ち帰ることが出来る。

その他の特徴は以下の通り。

  • 500円のデポジット不要
  • チャージ残高の払い戻しは不可
  • 使用期限は28日間
  • Suica・PASMOエリアに加え、店舗やタクシーなどで電子マネーとしても利用可能
  • 1枚当たり1000円、2000円、3000円、4000円、5000円、10000円で販売

Welcome Suicaは以下の駅での販売を予定している。

JR EAST Travel Service Center(成田空港駅、空港第2ビル駅、東京モノレール線羽田空港国際線
ビル駅、東京駅、新宿駅、渋谷駅、池袋駅、上野駅、浜松町駅)、成田空港駅、空港第 2 ビル駅

 

関連記事

N-RICOS(エヌ-リコス)

N-RICOS(エヌ-リコス)サイトはこちら >>
アフターフォローNO.1宣言の和不動産オリジナルコンサルティングシステム【N-RICOS(エヌ-リコス)】でマンション投資をより確かなものへとアドバイスいたします。

マンション経営セミナー

運営会社の株式会社和不動産セミナー詳細はこちら >>

不動産投資 初心者
セミナー会場 地図

セミナー会場地図はこちら >>

マンション経営セミナー

和不動産 仲宗根 書籍第4弾

運営会社 和不動産のページはこちら >>

相続税対策特設サイト

和不動産 仲宗根 書籍第3弾

運営会社 和不動産のページはこちら >>

和不動産 仲宗根 書籍第2弾

運営会社 和不動産のページはこちら >>

不動産投資購入後の教科書

お問い合わせ
個別相談

オーナー様からの評判・口コミ

お客様とのお約束

カテゴリー

ページ上部へ戻る