マンション投資を成功へ導く3つのポイント


  1. 空室リスク 対処法

    マンション投資の物件価値は退去後のリフォームでUP!

  2. マンション投資 ワンルーム

    ワンルームマンション投資が選ばれる理由は単身世帯の増加にあり!

  3. 不動産投資 入居

    マンション投資の立地選びは、通勤時間に着目しよう!

  4. マンション投資のローンは売却益での返済も検討しよう!

  5. マンション投資はインフレ対策に最適な資産運用である!

  6. 23区のワンルームマンションは家賃下落が抑えられる?

  7. 不動産投資 ひきこもり

    マンション投資は入居者が求める立地を押さえておこう!

  8. マンション投資 空室リスク

    マンション投資は、賃貸管理・不動産会社が好む物件で!

  9. マンション投資 帳簿

    マンション投資成功のためのノウハウ、教えます!

  10. マンション投資 立地

    投資用ワンルームマンションは駅近の立地を選ぼう!

さらに記事を表示する
よくあるご質問(FAQ)

Q:都心ワンルームマンションの価格や利回りを教えていただけますか?また、融資の返済事例などありますか?

A:和不動産では都心の築浅ワンルームマンション投資物件をご紹介しています。物件価格は約2000万円で、利回りは4~5%程になります。 融資の返済事例は弊社で独自開発したN-RICOSというシステムにより、実際の弊社で成功されたオーナー様の事例をご紹介することが可能です。自分に適したロールモデルを見つれば事で遠回りせずに運用を行うサポートをいたします。

Q:東京で中古物件と新築物件を比較したときの年間収支や金利、設備などの注意点はありますか?

A:新築物件には新築プレミアにより中古物件より家賃が高い傾向にあります。しかし最初の入居者の退去後は新築プレミアがなくなるため注意が必要です。金利に関しては、新築、中古ではなく、構造の違いや一棟と区分により変化します。 設備に関してはコロナ禍の影響により、非対面で受け取り可能な宅配ボックスや自炊率の増加から従来より広めのキッチンの需要が高まっています。

Q:物件購入後の積立金の相場、ローンの返済期間、どのくらいの利益が出るのかなど将来の状況をシミュレーションすることは可能ですか?また実際のケースはありますか?

A:和不動産では、無料個別相談にて購入後のシミュレーションをすることが可能です。 弊社で独自開発したN-RICOSのシステムにより、成功しているオーナー様の事例からお客さまの希望の物件に適したロールモデルを探すことが出来ます。物件購入前から目標を達成するまで、定期的に面談を行っているため一歩ずつ着実に成果を出す仕組みを作ることが可能です。

Q:老後の年金対策としてワンルームマンション経営を長期的に行いたいのですが、どの程度の資金が必要ですか?

A:ご自身の状況によりローンの活用状況は異なりますが、和不動産でワンルームマンション物件を購入するお客さまの中には自己資金0円で購入するお客さまもいらっしゃいます。老後資金の対策であれば、家賃収入をローンの返済や再投資に回すことで老後の年金対策にすることは十分可能です。

Q:無料相談で、収益を上げる方法や税金対策としての節税方法、売却に関する知識、人気のエリアなどを教えていただくことは可能でしょうか?

A:無料相談では、不動産投資に関わらず資産運用に関するあらゆるお悩みを専門家がお答えいたします。まずは、お客様のお悩みを聞き、状況に適したアドバイスをさせていただきます。初回の面談にて物件の紹介をすることはいたしませんので、まずはお客様のお悩みをお聞かせください。

Q:物件購入後の修繕費用、管理費用の相場はどのくらいですか?

A:和不動産の賃貸管理業務は業界最安値級の賃料の3%です。賃貸管理会社によっては、低価格だとサービスの質が低くなる傾向にあります。しかし和不動産では退去後の原状回復から募集業務、入居者の管理業務、解約業務など賃貸管理に関するあらゆる業務を自社で行っているため、素早く質の高いサービスを提供することができます。

Q:個人で安心した老後資金を送るためにはどの程度の金額が必要なのでしょうか?

A:老後にゆとりのある生活を送るには月々約36万円が必要になります。夫婦2人の年金受給額の平均は22万円と言われているため、14万円を貯金や不動産投資で得ることが出来ればゆとりのある生活を送ることが出来ます。

Q:保険対策としてマンション投資の契約を行う事は可能でしょうか?

A:マンション投資は生命保険の対策としても有効です。ローンを組む際に団体信用生命保険に加入することになります。適用されると、相続された人はローンの返済義務がなくなります。そして家賃収入から管理費等を差し引いた金額を毎月受け取ることができるのです。
PAGE TOP