不動産による大きなインフレ対策

インフレは、老後の蓄えを大幅に減らす元凶!

「人生80年」と長らく言われていましたが、最近では「人生100年」という言葉がスタンダードになってきました。仮に60歳で定年退職を迎え100歳まで生きたとすると、老後の生活は40年です。この40年という期間に、インフレが来ないとも言い切れません。下図をご覧ください。

不動産投資 物価

1950年からの65年間の消費者物価指数の推移です。日本の物価は、この65年間で約8倍にもなりました。戦後から今までの物価推移を見ても、あまりピンと来ないかもしれません。しかし、バブル期の1989年頃から約30年が経過しましたが、現在は当時に比べても物価は上昇しています。あの高度成長期も、現在からさかのぼること約50年前の出来事です。物価の上昇は、資本の目減りを意味します。まずは、インフレがどれだけ貯金に影響を与えるか、確認していきましょう。例えば、現在の3000万円は、1%のインフレが30年間続いた場合、現在の価値に直すといくらになるでしょうか。これは、次の式で計算できます。●3000万円÷(1・01)の30乗≒2226万円つまり1%のインフレが30年間続いた場合、現在の3000万円は、将来の価値にすると約2226万円です。生命保険などで将来3000万円が保障される場合も、インフレには対応できないので実質価値がそれだけ減ってしまいます。
また、現在、日本銀行が目標としている2%のインフレが実現し、30年間続いた場合はどうでしょうか。●3000万円÷(1・02)の30乗≒1656万円なんと半分近くまで、減ってしまう勘定です。そのため、インフレに対応する資産運用をしておかないと、せっかく現役時代に努力したことが水の泡になりかねません。
また、老後の資産運用は、現役時代とは異なり効率が次第に悪くなるのです。

不動産投資 資産運用

現役時代は労働収入があるので、資産運用の利益を再投資すれば複利で運用できたのですが、老後の資産運用は上図のように資産を取り崩していくため、効率は落ちていきます。分かりやすく言うと、60歳時点で5000万円の貯金があり1%で運用していると年間50万円の資産収益を得られますが、70歳時点の現金が3500万円で1%の運用だと年間収益35万円、80歳時点の現金が2000万円で1%の運用だと年間収益20万円まで減るのです。年間収益が30 万円も異なれば、元本を取り崩すスピードも上がります。それを繰り返すことで、老後の資産運用は効率が次第に悪くなっていくのです。そのため、不動産からその時々の物価に合わせた家賃が入ることは、この上なく大きなインフレ対策になります。古くなっても家賃が取れるのかについてはのサイトで紹介しますので、ご確認ください。

古い物件でも価値を維持できる

残す物件と売る物件の分別

関連記事

  1. マンション投資 複利

    マンション投資 複利での運用

    不動産の運用収益を上げていくには、複利の力が必要!資産運用全般に言えることですが、資産運…

  2. 不動産投資 運用

    成功か失敗は購入後の運用で決まる

    「スケールメリット」と「再投資」で、富を生むスパイラルを創る!お金持ちが、お金の殖や…

  3. ワンルームマンションが相続税対策に有利な理由

    相続税対策にも効果的なワンルームマンション!、所得税の節税について触れました。しかし…

  4. 古い物件でも価値を維持できる

    家賃の下落は、おおよそ2割程度!中古であればおおよそ1割!不動産投資におけるリスクの…

  5. マンション投資 他人資本

    マンション投資 「ローンを組むのが怖い」の罠

    ローンを返せない人は1000人に1人だけ?マンション投資をこれから始…

  6. 不動産投資 費用

    購入後の費用を考慮しないと失敗します

    不動産投資で失敗する理由は、限られている!不動産投資で失敗する理由は、大きく3つ。そ…

  7. マンション投資 失敗

    マンション投資に失敗する「ワケ」とは

    失敗の理由は運用方法を理解していないから!和不動産のお客様からよくい…

  8. 不動産投資 融資

    融資する金融機関の影響

    不動産投資市場は、誰がつくるのか?不動産投資市場が過熱するのは、物件を購入したいとい…

マンション経営に関するセミナー好評開催中!

毎週 月、水、金、土、日開催!
初めての方、これからマンション経営を始めたい方も 気軽にご参加ください




セミナー日程・内容はこちらから

最近の記事

  1. マンション投資 商業地域
  2. インカムゲインとキャピタルゲイン
  3. マンション投資 建物構造
  4. マンション投資 レバレッジ
  5. マンション投資 設備
  6. マンション投資 複利
  7. マンション投資 キャップレート
  8. 不動産投資 費用
  9. 空室リスク 対処法

最近の記事

  1. マンション投資 賃貸需要
  2. マンション投資 エリア
  3. マンション投資 建物構造
  4. 不動産投資 利回り
  5. インカムゲインとキャピタルゲイン
  6. 不動産投資 融資

マンション経営.tokyo

PAGE TOP