マンション投資を成功へ導く3つのポイント


マンション投資のローンは売却益での返済も検討しよう!

必ずしも自己資金だけで完済させる必要はない!

マンション投資では、定年時にローン残債を一括返済し無借金の物件を持つことが、安心に繋がります。なぜなら、定年までにローンを完済しておけば、空室や金利上昇リスクに対応できるからです。

ローンを完済していれば、定年後に空室になっても家賃は入りませんが、ローンの支払いで困ることはありません。金利の上昇についても、ローンを返済しきっていれば、金利上昇の影響も受けないのです。

不動産投資のリスクは、働いている期間は労働収入があるので対応する資金も捻出できますが、老後にリスクを抱えることはあまり好ましいとは言えません。そのため、定年までにローンを返し切ることは、安全にマンション投資を実施する上でも、非常に重要なことなのです。

しかし、一方で、定年までに繰上返済資金を貯められるか不安な人も多いと思います。そういった場合には、現役時代にはスケールメリットを活用し運用効率を上げ、定年間際で売る物件と残す物件を分けて、売却益をローンの返済原資に充てる方法もあるのです。

ここであるオーナー様の例を挙げ、具体的に説明していきたいと思います。

●36歳 オーナー歴6年 7部屋所有のオーナー様の例

そのオーナー様は、30歳からマンション投資を始めました。現在、オーナー歴6年で、7部屋の物件を所有しています。この6年間で総支出から総収入を引いた実際に投資した金額は、約1000万円。現在、家賃収入を年間約100万円確保しているので、現時点での費用対効果は年間約10%の運用状況になっています。

このオーナー様は現在36歳なので、定年までの24年間で家賃収入を年間100万円獲得できれば、60歳までに2400万円の収益を確保でき、現在投資している金額の2.4倍もの収益を手にすることができるのです。

ポイントは、このオーナー様の60歳時点のローン残債です。

このオーナー様の7部屋分のローン残債は、60歳時点で約3500万円。1部屋当たりに換算すると、約500万円のローンが残っている計算です。

実際は物件やエリアごとにローン残債や売却価格に違いはありますが、仮に24年後に築40年程度経過したワンルームマンション4部屋をそれぞれ1000万円で売却できれば、1部屋当たり500万円のキャピタルゲインを得ることができます。これを4部屋分に換算すると2000万円の売却益です。

一方で、ローンの残債は1部屋当たり500万円。7部屋中4部屋売却した訳ですから、残りの所有物件は3部屋で、ローンの残債は約1500万円になります。このローンの残りである1500万円を、売却益の2000万円を使いローンを完済すれば、ローンが無い物件が3部屋残るのです。

つまり、工夫さえすれば多額の自己資金を投下しなくても、ローンは完済できます。ローンを完済できれば、3部屋分の家賃収入を確保でき、60歳以降の生活も安心して暮らせるのです。

「早く始めなくても、損益分岐点は必ずくる!」このオーナー様は、30歳からマンション投資を始めているので、仮に35年ローンを組んでいても60歳時点では、ローンがほとんど残っていない状態です。そのため、多くの売却益を繰上返済費用に充当できました。

しかし、スタートの年齢が遅ければこのような投資方法ができないかというと、そういう訳ではありません。マンション投資はローンを組んで始めれば、いずれローンは「0」になります。

不動産投資 築年数

一方で、マンションの価値は、上図のように古くなっても一定の価値が残っています。これは、2018年3月時点の公開物件の売り相場なので、将来的に変動するでしょうが、立地の良い物件であれば家賃収入が確保できるので、収益を求めて次の投資家が物件を購入するのです。

つまり、ローンはいずれなくなりますが、資産価値は「0」にならないため、売却益は長期保有すればするほど確保しやすくなります。そのため、保有する物件も長期的に価値を維持できるRC造のマンションが好ましいのです。

近年では、定年も60歳から65歳になり始めています。10~20年後は、それが普通になっているでしょう。

労働期間が5年延びるため、ローンの完済時期も5年ほど後ろ倒しても大丈夫です。その間に運用を上手に行えば、売却益を得ることもできます。

所有物件の立地さえ良ければ、大幅に家賃が下がることもありません。そのため、利益が出るタイミングを見計らい売却益で繰上返済することは、戦略の1つとして有効なのです。

売却する物件と残す物件の選び方

不動産投資 エリア
売却する物件と残す物件の選び方は人によって異なると思いますが、私は上図のように高く売れる物件を売却し、高く売れない物件を残す方を勧めます。

なぜなら、高く売れる物件の売却益を繰上返済に充てた方が、自己資金の負担が少なくて済むからです。そして、残した物件の家賃収入を老後の生活費に充てれば、少ない自己資金で老後の生活費を確保することが可能になります。

残した物件が古くなっても所有しているメリットは、家賃収入が入ることだけではありません。

あるオーナー様は、所有している中央区の駅から徒歩1分の築40年前後のワンルームマンションを、デベロッパーから建て替えの提案を受けました。建て替え費用は、1200万円程。その物件が新築物件として生まれ変わり、年間家賃100万円を確保できれば、費用の1200万円に対しての利回りは、8%以上です。また、売却するにしても、最低2000万円以上の価格で取引されるでしょう。

別のオーナー様は、所有している物件が建て替えになった時に、所有している古い物件を建て替わった新しい物件に等価交換し、新築マンションを所有することに成功しています。

このように土地や所有権を提供し、その対価として新しい物件と交換できるケースもあるのです。

場合によっては、デベロッパーが建物ごと購入し、再開発することもあるでしょう。そのため、立地の利用価値があれば、売却以外にも権利を所有していることのメリットが享受されます。

それだけ、所有権という権利は、オーナーに有利に働くのです。しかし、その権利の価値も立地によって大きく変わりますので、将来的にも利用できそうな立地を選ぶことが重要です。そうすれば、長期保有している間に、売却するメリットも生まれてくるでしょう。

大人気!和不動産のマンション投資セミナー

和不動産が開催するマンション投資セミナーでは、不動産投資のメリットだけでなく、空室リスクなどの注意点を、最新の不動産市況を交えながら初心者にもわかりやすく解説いたします。

弊社代表、仲宗根が講師を務めるものも多数開催中!

また、日本全国からご参加いただけるオンラインセミナーも多数開催しておりますので、外出を控えたい方、遠方にお住まいで東京まで出向くのが難しい方は、オンラインセミナーをご利用ください。

実際にセミナーにご参加いただいた方からの口コミを、一部ご紹介いたします!

■40代男性
メリットしか教えてくれないセミナーとは違い、それぞれの不動産投資のデメリットも知ることができました。実際のオーナーさんのお話をもとに解説していて、とても参考になりました。

■30代女性
グラフや図等、データが豊富で納得できました。買うまでのお話だけでなく、買った後のお話も知れたので良かったです。

■50代男性
不動産初心者の私でも分かりやすい内容でした。何故失敗したのか理由を知ることができ、今後不動産投資を始める際の参考になりました。

これから不動産投資を始める方からベテランオーナー様まで幅広くご好評いただいておりますので、ご興味がございましたらぜひ一度ご参加いただき、不動産投資のプロの話を実際に聞いてみてください♪

セミナー開催予定一覧は下記よりご確認いただけます!

無料個別相談も実施中!

和不動産では無料個別相談も行っております。

セミナーだけでは理解できなかった、さらに詳しく知りたい点を専門家にお気軽にご相談いただけます。それ以外にも、お金の貯め方や使い方、金融機関からの融資や老後破産・相続税対策などのお悩みもお伺いします。

また、「不動産投資を始めたいのでアドバイスがほしい」といったご相談はもちろん、「実際の成功事例を知りたい」「年金対策のために投資用マンションを購入したいけど、ローンを組んで返済しきれるか不安」「あまり資金がないけど長期的に収入が得られる投資がしたい」などのお悩みやご相談も、個別相談にてご相談ください。

まずは、お客様の資産状況に合わせたプランをご提案させていただきますので、お気軽にご予約いただければと思います!

和不動産公式LINE お友だち募集中!

和不動産では、公式LINEのお友だちを募集しています!

公式LINEでは、物件情報・マンション投資お役立ち情報などを配信中。

気になる物件や情報がありましたら、LINEのトーク画面からでも構いませんので、ぜひ一度お問い合わせいただければと思います。

また、トーク画面のメニューから、セミナー・無料個別相談のお申込みや、公式サイトへのアクセスも可能です!

この機会に和不動産公式LINEアカウントをお友だち登録して、効率的に不動産投資の知識を得ませんか?

たくさんのお友だち登録、お待ちしております!

マンション投資はインフレ対策に最適な資産運用である!

不動産投資 入居マンション投資の立地選びは、通勤時間に着目しよう!

関連記事

  1. マンション投資 帳簿

    マンション投資成功のためのノウハウ、教えます!

    マンション投資は「事業」!運用成績のモニタリングは「必要」!一般的にマンション投資は、「事業…

  2. マンション投資 複利

    不動産投資は『複利』の力を使って収益を上げよう!

    なぜサラリーマンが投資で失敗するのかそれは、少ない自己資金でより多くのリターンを求めようとし…

  3. マンション投資 他人資本

    投資用マンションならローンを怖がらなくて大丈夫な理由

    ローンを返せない人は1000人に1人だけ?投資用マンションをこれから始める人…

  4. 不動産投資 ワンルームマンション

    手間がかからない!サラリーマンに最適のマンション投資

    サラリーマン大家さんにとって「手間」は大敵!リスクを取って「早期リタイアを目指した不動産投資…

  5. 23区のワンルームマンションは家賃下落が抑えられる?

    家賃下落はおおよそ2割程度!中古であれば概ね1割!不動産投資におけるリスクの1つに「家賃下落…

  6. マンション投資 キャップレート

    キャップレートで資産価値を維持しやすい都心を選択!

    年間の家賃収入とキャップレートで資産価値は決まる!資産価値とは、その不動産が持つ価値のことを…

  7. 不動産投資 運用

    マンション投資運用のコツ、「スケールメリット」とは?

    スケールメリットと再投資で、富を生むスパイラルを創る!もともとスケールメリットとは、規模のメ…

  8. マンション投資はインフレ対策に最適な資産運用である!

    インフレは、老後の蓄え減らす元凶!早めのインフレ対策を「人生80年」と長らく言われていました…

マンション経営に関するセミナー好評開催中!

毎週 月、水、金、土、日開催!
初めての方、これからマンション経営を始めたい方も 気軽にご参加ください




セミナー日程・内容はこちらから

最近の記事

  1. 不動産投資 税金 節税
  2. マンション投資 東京
  3. マンション投資 商業地域
  4. 不動産投資 賃貸管理
  5. マンション投資 他人資本
  6. マンション投資 賃貸管理
  7. マンション投資 建物構造

最近の記事

  1. 不動産投資 ひきこもり
  2. 空室リスク 対処法
  3. 不動産投資 融資
  4. マンション投資 複利
  5. 不動産投資 税金 節税

マンション経営.tokyo

PAGE TOP