賃貸仲介から好まれる物件を選び、空室を回避

入居者確保の重要なパートナーである賃貸仲介に協力してもらうには?

入居者から賃貸の退去通知が届いたら、なるべく早く次の入居者に入居してもらうための準備をしなければなりません。
入居者募集は、1つの会社に依頼するのではなく、多くの入居希望者の目に触れるために、より多くの賃貸仲介会社に協力してもらうことが基本になります。なぜなら、より多くの入居希望者の目に触れることが、早期の入居者獲得に繋がるからです。
とはいえ、しっかりした賃貸管理会社に任せておけば、オーナーが実際に動くことは、ほとんどありません。
まずは、今の入居者から退去通知が届き、解約から入居までの流れを確認していきましょう。

賃貸の募集準備は、退去通知が賃貸管理会社に届いた時から始まるのです。
まずは、「退去日の確定」、その後に「原状回復の実施」などをしていきますが、同時並行で「入居者の募集」を実施していきます。
「入居者の募集」は、不動産業者が使える「REINS(レインズ)」や「アットホーム」などの民間サービスを利用して、賃貸仲介会社に「今、この物件の募集を行っているので、入居希望者の紹介をお願いします」と依頼するところから始まるのです。
そのため、それらのサイトを閲覧し「この物件をお客様に紹介したい」と賃貸仲介会社に思ってもらうことが、非常に大事なポイントになります。
具体的に賃貸仲介会社がお客様に紹介したい物件とは、「仲介手数料の高い物件」と「お客様が求めている物件」です。
これについて、説明していきます。

賃貸仲介会社が部屋を紹介して成約した場合、入居希望者から「仲介手数料」を報酬として得ることができます。
当然、賃貸仲介の会社も営利団体ですから、仲介手数料は高い方が好ましいのは言うまでもありません。
この「仲介手数料」は、宅建業法で「賃料の1か月分に相当する金額」と定められています。賃貸仲介会社の仕事は、簡単に説明すると「来店」→「物件案内」→「賃貸借契約締結」→「物件への入居開始」といったスキーム(下図参照)のため、同じ仕事をするのであればより賃料が高い方が、得る報酬も多いため好ましいのです。そのため、より賃料の高い物件から紹介してくれます。

不動産投資 賃貸

そして、もう1つの理由である「お客様が求めている物件」について確認しましょう。
「結婚し子どもが出来たら住宅の購入を検討する」これが一般的な日本人のライフスタイルなのに対し、大学進学や就職により上京しワンルームマンションを購入する人は少数派と言えます。
つまり、ワンルームマンションは、多くのケースで借りるのが普通なのです。

そのため、投資対象として、ワンルームマンションが選ばれます。

20代の社会人の約75%が、ワンルーム・1Kマンションに住んでいることが分かりました。
つまり、来店する人のほとんどが、ワンルームや1Kのマンションに住みたいと考えているのであれば、賃貸仲介会社が取り扱いたい物件は、ワンルームや1Kのマンションだということになります。

つまり、賃貸仲介会社が取り扱いたい物件である「都心の利便性の良い家賃が比較的高い物件(仲介手数料の高い物件)」と「取引ボリュームの多いワンルーム・1Kマンション(お客様が求めている物件)」を所有することは、賃貸仲介会社から入居希望者の紹介を受けやすい物件と言えるでしょう。
そのため、収益性だけを考えた物件選びや入居者のことを考えない物件選びは、賃貸仲介会社からの協力も受けにくいのです。
より多くのパートナーに協力してもらうように考えることは、投資家として必要な視点になります。

マンション投資 帳簿マンション投資 帳簿の付け方

不動産投資 ひきこもり日本人の外出減少が不動産投資市場に影響を与える?!

関連記事

  1. 空室リスク 対処法

    退去時は賃料を上げる再投資のチャンス

    不動産の運用収益を上げていくには、複利の力が必要!退去時は、チャンスと捉えよう!…

  2. マンション投資 設備

    スマートフォンが変えた生活の質と賃貸需要

    スマートフォンが賃貸住宅の在り方を変えた近年、スマートフォンの普及により、買い物はネット…

  3. マンション投資 RC

    構造を選んで空室リスクを最小限に

    入居者に後悔されてしまうと退去の原因にマンション投資は、入居者に住んでもらうことで初…

  4. マンション投資 ワンルーム

    空室リスクに直接影響をもたらす「賃貸管理」

    退去日までの準備は「しっかり」、退去してからは「スピーディー」に!空室は不動産投資を実施…

  5. 家賃下落の分かれ道

    家賃下落を防ぐためにできること

    【家賃下落を考慮に入れた計画を!】不動産投資において、家賃が下がることは仕方がありません…

  6. マンション投資 建物構造

    マンション投資に選ぶべき建物構造とエリア

    不動産には都市計画という別の地図もある今まで不動産では「都心」と「郊…

  7. マンション投資 再投資

    リフォームにより賃料を上げる『本当の意義』とは

    高い賃料を維持することは資産価値を守ること今回は、賃料を上げる意味と…

  8. マンション投資 賃貸管理

    物件購入後 マンション管理のトラブルを回避する

    トラブルを解決しきれないオーナーが増えている不動産投資には、リスクがつきものです。例えば…

マンション経営に関するセミナー好評開催中!

毎週 月、水、金、土、日開催!
初めての方、これからマンション経営を始めたい方も 気軽にご参加ください




セミナー日程・内容はこちらから

最近の記事

  1. マンション投資 年金対策
  2. 家賃下落の分かれ道
  3. マンション投資 出口戦略
  4. 不動産投資 原状回復
  5. 不動産投資 賃貸管理
  6. マンション投資 修繕積立金
  7. インカムゲインとキャピタルゲイン
  8. マンション投資 ワンルーム

最近の記事

  1. インカムゲインとキャピタルゲイン
  2. マンション投資 レバレッジ
  3. マンション投資 賃貸管理
  4. マンション投資 建物構造
  5. 不動産投資 利回り
  6. マンション投資 帳簿
  7. マンション投資 修繕積立金

マンション経営.tokyo

PAGE TOP