マンション投資で狙うべきは、オフィス街から○駅目!

通勤時間の短さは、もはや【価値】と言えるのです

入居者の生活環境が大きく変わることで、賃貸市場や不動産投資市場は大きく変化するのですが、唯一変わらないものと言っても過言ではないのが、通勤に便利だという「駅からの距離」と「通勤時間」です。

逆に、スマートフォンにより買い物の利便性が向上したことにより、通勤に便利な立地という「付加価値」は、さらに高まったようにも思われます。
それでは、「通勤に便利な立地とは、具体的にどのような立地なのか?」しっかり確認していきましょう。

下の表をご覧ください。都内に通勤する20代社会人を対象とした「自宅と会社の理想の距離と近隣住宅手当」についての調査によりますと、20代の社会人では、時間でいうと平均24 分、駅数でいうと5駅以内に自宅があることが望ましいという統計結果が発表されました。

不動産投資 通勤時間

部屋選びの流れにおいて初めに決まっていることは、勤務先の最寄駅です。
そこから逆算して、「5駅」・「25分」といった「検索」がされます。つまり、オフィス街から逆算して、「5駅程度」「30分以内」に通勤できるエリアで物件を購入すれば、入居者に困ることはありません。これを考慮して、物件を選びましょう。

2017~2021年において、オフィスビルの供給予定が一番多いのは、「大手町・丸の内・有楽町」のエリアです。
このエリアは、2位の倍以上の供給面積を誇っています。次いで多いのが、「虎ノ門・新橋」エリア、その次に「渋谷」と続いていくのです。
ちなみに、2012~2016年に一番多くオフィスビルが供給されたのも「大手町・丸の内・有楽町」のエリア、次いで「八重洲・日本橋・八丁堀」、「赤坂・六本木」と続きます。
そのため、千代田区・港区・中央区と渋谷にアクセスしやすい路線を、購入物件として選べば、20代社会人の入居需要を満たすことができるのです。
つまり、都心3区とその周辺区に、賃貸重要は集約されています。
オフィスビルの供給が多い「大手町・有楽町(日比谷)」に、5駅以内に通勤できる駅をまとめたのが、下の図になります。

不動産投資 通勤範囲

大手町を通る路線は「東西線」「半蔵門線」「千代田線」「丸ノ内線」「都営三田線」です。
「東西線」で大手町まで5駅は、「東陽町」と「早稲田」
「半蔵門線」では「錦糸町」と「青山一丁目」
「千代田線」だと「西日暮里」と「赤坂」
「丸ノ内線」では、「茗荷谷」と「赤坂見附」
「都営三田線」だと「千石」と「三田」になります。
有楽町から「有楽町線」で5駅は「辰巳」と「飯田橋」で、連結している「日比谷」から「日比谷線」で5駅は「茅場町」と「恵比寿」となるのです。
これらの駅で物件を所有できれば、入居者に困ることも少ないでしょう。
このように再開発地域から5駅程度を目処に、物件の立地を検討していくことが大事なのです。

残す物件と売る物件の分別

マンション投資 ワンルーム若い世代はワンルームを選ぶ

関連記事

  1. マンション投資 沿線

    マンション投資で選ぶべきエリアの概念

    電車通勤が基本の社会人を入居者に選ぶなら、沿線選びは重要!マンション投資において…

  2. マンション投資 立地

    人口減少の時代に選ぶべき立地

    人口減少は、コンパクトシティ構想で対応!駅前と住宅地の差が顕著に!近年の街づくりのトレン…

  3. マンション投資 賃貸需要

    入居者の賃貸需要を攻略しましょう

    不動産投資は、家賃収入を得ることで初めて投資として成立する!不動産投資は、家賃収入を得る…

  4. 不動産投資 ひきこもり

    日本人の外出減少が不動産投資市場に影響を与える?!

    スマホの普及で繁華街の賃貸ニーズは下がっている!一昔前であれば繁華街の近くに住む人も…

  5. マンション投資 エリア

    マンション投資で選ぶべきエリアは5極化

    不動産投資における立地は、より細分化され始めている不動産投資において…

  6. 不動産投資 賃貸管理

    不動産投資は賃貸経営です

    経費の割合を下げれば、収益は残りやすくなる!不動産投資失敗の原因の1つに、高額な修繕…

  7. マンション投資 商業地域

    民泊の活用も視野に入れた物件選びの方法

    23区における民泊は、商業地域が主役!近年、賃貸住宅の収益を上げる方法として注目されていた民…

  8. 23区のワンルームマンション規制とは

    ワンルームマンション規制により供給が抑えられ価値が維持される!「需要…

マンション経営に関するセミナー好評開催中!

毎週 月、水、金、土、日開催!
初めての方、これからマンション経営を始めたい方も 気軽にご参加ください




セミナー日程・内容はこちらから

最近の記事

  1. 不動産投資 費用
  2. 不動産投資 賃貸管理
  3. マンション投資 レバレッジ
  4. 不動産投資
  5. マンション投資 生産緑地問題
  6. マンション投資 賃貸管理
  7. 不動産投資 ワンルームマンション
  8. 不動産投資 運用
  9. マンション投資 賃貸需要

最近の記事

  1. マンション投資 法令改正の影響
  2. マンション投資 生産緑地問題
  3. マンション投資 立地
  4. 不動産投資 融資
  5. マンション投資 賃貸管理
  6. マンション投資 レバレッジ
  7. マンション投資 帳簿

マンション経営.tokyo

PAGE TOP